好きなモノにはまっしぐらな妄想族の独り言。以前使っていたブログIDをうっかり削除してしまった為、2代目。(そちらにコメント下さっていた方々ゴメンナサイ)
by kahvi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
その日の出来事
好きなコトの話
美味しいものの話
語学の話
美容・健康の話
妊娠・出産の話
お弁当の話。
どうでもいい話
お仕事の話
その他諸々
未分類
タグ
(86)
(61)
(47)
(47)
(45)
(41)
(40)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
以前の記事
2011年 03月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
more...
検索
最新のトラックバック
本日のデート 〜〜 レス..
from ぽれぽれ2号館
ご案内 3
from 空色のきもち
ご案内 3
from 空色のきもち
たまには野球ネタでも・・..
from ぽれぽれ2号館
LINK
フォロー中のブログ
Tamas blog
Kippis!
ダメニンゲンのヒトリゴト
魚屋三代目日記
Kippis! from...
ぽれぽれ弁当館
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:IL DIVO ( 40 ) タグの人気記事

一言。

a0088238_1305973.jpg最近また本屋で衝動買いしちまった。
一つは“ヌードルカフェ”という麺料理のレシピ本で、イタリアン、日本、中国、アジア…いろんな麺料理と、なぜかスイーツのレシピが載っている。バーゲンになっていて半額だったこともあってつい購入。
もう一つは“英語で伝えるカード&メールのメッセージ”という本。英文Eメールの本を探していてなんとなく目に付いて読んでみたら、オモシロそうだった。
英語だとこう表現するのか~…とか、
こういう時、こんなメッセージを添えるのか~とか、
いろいろ楽しい。

英語がどうこう以前に、なかなかいい言葉がいっぱい書いてある。
例えば

「The most beautiful word in any language:“Thank you.” And this is the day to say it. Many thanks!」
(どんな言語においても最も美しい言葉は“ありがとう”です。そして今日はそれを言うべき日ですね。色々とありがとう!)

「Hope is like a star. It shines brightest in the dark.」
(希望とは星のようだ。暗闇の中でこそ光り輝く)

「Pain is the first step to a cure.」
(痛みは治癒への第一歩)

などなど。

言葉の持つチカラってすごいよね。

Josh Groban の3rd アルバムからのシングルで、“You Are Loved (Don't Give Up)”という曲があるんだけど、その中にもええ歌詞がありましてな。Josh の曲は平均して歌詞も秀逸なものが多い。

「When your heart is heavy, I... I will lift it for you.」
(心が重い時は僕が…僕が持ち上げてあげよう)
「If darkness blinds you, I...I will shine to guide you.」
(もしも闇が君を覆ったなら僕が…僕が君を導く光になろう)

ベタな歌詞ではあるけれども、こんな風に歌われて(言われて)みたいっすわ~なんて夢見がちな乙女は思うわけです。(乙女は「…っすわ~」なんて言いません)
この曲を某スイス人に歌ってほしい。ごめんねJosh 。

そういえば昨夜、珍しく夢を見たと思ったら Josh にプロポーズされる夢だった。なんたることでしょう?!これはかるくナイトメア級ですよ!(Josh だっていい迷惑だと思うよ)
勘弁してつかーさい。
声と曲は好きだけど、顔がど~~~~しても受け付けない。
夢を見るなんて一年のうち何回あるのかってくらいなのに、久し振りに見たらこれかい…。

昨夜 Josh のCDを聴きながら寝たのが悪かったかな~。
いつもなら音楽を聴きながらだと、よほど眠いか疲れている時でもない限り眠れないんだけど、Josh の声は不思議なことにすんなりと眠れる。
Urs をはじめDIVO の声は興奮して眠れなくなるけどね。ヤツらは歌うアドレナリンだから。

もう寝る前に Josh のCDを聴くのはやめよう。(笑)
[PR]
by kahvi | 2007-03-20 23:59 | 美味しいものの話

TOKYO。(肆)

漢数字の“4”ってなんだっけ?と考えても、どうしても出てこなくて調べてみたら、こんな(→肆)難しい字でございました。そりゃ知らんわ。
ちなみに1~10は、壱 弐 参 肆 伍 陸 漆 捌 玖 拾 となるらしい。
雑学の知識が好物のワタクシだけど、全部は覚えなくていいや。(笑)

1月30日(火)

今日は昼間、従兄弟と会おうと思っていたけど時間がうまく合わなかったので夕方までフリーになった。とりあえず寝不足が続いていたので少しゆっくりと寝てから東京駅まで出てみた。

何か食べようとウロウロして、友人へのお土産を買おうと思って入った DEAN & DELUCA でメニューを眺めたけどあまり惹かれなかったので買い物だけ済ませて出た。
またさらにうろつきながら、丸ビルの地下で千疋屋カフェの前を通った。昨日、外から眺めただけの千疋屋。果物好きの私にとってはタカノと並んで、恋焦がれてやまない憧れのパラダイス店なわけだす。

基本的にカフェとファストフード以外の店には“お一人様”出来ない小心者の私。ここはカフェといえども店内が小さいせいか、一人ではヒジョーに入りづらい雰囲気を漂わせている。でも…勇気を振り絞って入り、フルーツヨーグルトを食べた。
…至福♥♥♥
リンゴ、イチゴ、キウイ、メロン、デコポン…etc とにかくフルーツ盛りだくさん。果物の一つ一つが、ものすごく美味しくて感激。こんなに美味しい果物、滅多に食えませんよ。(笑)
食事をとるハズだったけど、これでお腹一杯。すごいボリュームだった。

夕方からはまた妄想町内会の方々と会って一緒に夕食をとることに。この店で、見つけた途端に「!!!」と皆で反応しまくった、とあるスイーツ【○○○ロールケーキ】。お腹一杯で試すことは出来なかったけど、この件はきっと町内会ブログでUPしてくれるハズ♪

IL DIVO コンサート2日目の今日は1階席。
当日のブログにも書いたけど、肉眼でメンバーの表情を観られる席。ちょっと微妙な位置ではあったけど、良しとしよう。あの席で文句を言ったらバチがあたりそうだ。

昨日に引き続きノリノリで疲れの見えるメンバーを引っ張って盛り上げようとするSébastien 。いまだにアタマの中は“ La Vida Sin Amor ”の曲とともに腰振って踊るSeb に支配されている。関係ないけどSeb がやってたあの動き、Jon (BON JOVI)も“ One Wild Night ”でやっていたっけ。
David はまた「皆さん“は”こんばんはー」と言った。…教えてあげたい。(笑) 長さんみたいに「こんばんはー」のやり直しをさせておいて、「よく出来ました」と言う時の顔が小憎たらしくてカワイイ。
Carlos も「アイシテマス」が気に入ったのか、また使っていた。注意深く彼の英語を聴き取ろうとすれば急に「Me gusta la música …( I like music )」とスペイン語で話し出したりして混乱させてくれる。(涙) 今日は仰け反り姿を見られなくて残念だ。
Urs は昨日に比べると元気があったように見えた。特に後半になってから。“ Feelings ”ではステップに腰掛けながら、かなりノリノリでリズムをとっていたし。いつもこの曲ではノリノリ。でも今日は“ Passerà ”で声が裏返ってしまってた。ライブならではってコトでいいんだけどね。あぁでも…たとえ元気がなくても、声が裏返っても、音程外しても、アタマの中でダンシング Seb ベイビーが踊っていても、やっぱりUrs の声が一番自分の中に響く。本当にウットリだ。なんか悔しいけど白旗、降参です。
そういえば“ Everytime I Look At You ”で定番の問いかけ「How about little bit more intimate ?」に皆の反応が薄かったのは気のせい?特に初日。この曲を待ち構えていた私はテンション上がりまくりだったせいか、「あれ?」と少しガックリしちゃった。

1階席だと照明でモロに照らされる分、2階席よりも一体感を感じてなんだかドキドキする。(そしてまた照明のセッティングを眺める)

ただでさえ短い1時間半の公演はあっという間に過ぎる。
この後の公演はもう観られないから、最後の“ Somewhere ”で「もう終わっちゃうんだ」と思って淋しくなった。だから昨日は一人だったために気後れして小さくしか振れなかったペンライトを堂々と振ってみた。観客席のあちこちで振られる赤いペンライトに勇気をもらいながら。

楽しみにしていたコンサートはやっぱりすご~く良くて、そして妄想町内会の人々は思っていた通りのステキな楽しい人ばかりで、本当に来て良かった。正直、こんな出会いがあるとは思っていなかった。
David のお決まりのこの言葉が今日は特に強く心に残った。
“ somehow , someday , somewhere ”

そして音楽ってやっぱりいいなぁ…と。 Musica, mi amore.
楽譜すら読めない私だけど。(笑)

つづく
[PR]
by kahvi | 2007-02-04 23:58 | その他諸々

TOKYO。(参)

1月29日(月) 後編

大満足のアフタヌーンティーを終え、限界を超えそうなワタクシの胃。残ってしまったスイーツを前に、もっと頑張れよ!と自分の胃を叱咤激励したいところではあったけれど、量よりも摂取した糖分とカロリーのコトを考えると…これ以上の別腹を生み出すチカラは萎えた。
少しでも消化をしようと、日本橋から再び丸の内方向へ歩いて戻る。

普段はこんなに歩かないよ~という声を聞いて、そんなに歩いた?と考えてみるけど…そうかなぁ?
札幌に引っ越してからずっと車のない生活をしているせいか、普段かなり歩いていると思われる自分。特に誰かと一緒に喋りながらだと、かなり長い距離も平気で歩けてしまう。子供の頃からそうだった気がする。
今でもススキノ近辺から自宅まで約50分~1時間かけて歩いて帰ったりするコトあるし。以前、親友Aと函館に観光しに行って、1日で4万歩も歩いた時はさすがに驚いたけど。
でもたしかに車を持っていた頃はほとんど歩かなかったっけ。

でもほら、喋りながら来たから丸ビルまで戻ってくるのもあっという間。(私だけ?)

そこでまたメンバーが入れ替わり、私達はいよいよ東京国際フォーラムへ。
なんだか緊張してきちゃうなぁ。あともう少しで開場。
まだ食事をしていないメンバーと一緒にごはんカフェへ入ったけど、ウーロン茶の水分すら苦しいほど満腹だった。(笑)

カフェにいる間に、開場待ちの列がどんどん長くなっていくのが見えた。
指定席なのに皆ずいぶんと並ぶのが早いなぁ…なんて列を眺めながら、意外と男性の姿が多いコトに驚いた。圧倒的に女性が多いのかと思ったけれど、そうでもないんだね。

いよいよ会場入り。
入り口の手荷物チェックで「プレゼントなどは入ってませんか?」と予想外の質問をされ、ちょっとビックリ。花束・プレゼントは一切受け付けない方針らしい。プレゼントを…とは考えていなかった私だけど、あまりにもDIVOにぴったりな赤い薔薇のカードに出会って珍しく書いたカードは残念ながらお持ち帰り。悲しいよね~。こっちもだけど、アーティスト側だって淋しくないのかな?入場待ちの列の中に大きな花束を持っていたヒトがいたけど、どうなったんだろう?

物販品に興味はなくともパンフレットは映画でもコンサートでも、あれば買わずにいられない性分なので人ごみに揉まれながらパンフレットGET。英語版しかなかったけど文章もけっこう量があって、写真もキレイだったので合格。(何様?!)

今日の席は2階席の2列目。思っていたよりもステージから近く感じる。全体を見渡せるし、決して悪くない感じ。
席に座って少し経った頃、急に1階席が騒がしくなり…なんだろう?と思ったら小泉純一郎元総理が登場。予感はしてたけど、やっぱり来た~。本当にファンなんだね。ほとんど後姿しか見えなかったけど、小泉さんはどこからどう見てもTVで見る小泉さんと同じだった。

時間がおして、19時を少しまわってから始まった。
照明がおとされて…Overture を聴いて「いよいよなんだな~」と実感してドキドキ。Regresa A Mi の前奏が始まってさらにドキドキ。
なのに、実際にメンバーが出てきたら妙に冷静になっちゃって。ライブの音だ~なんて耳は感動しているくせに、目はどこか冷めてた。なんでだろう?すごく嬉しかったのは間違いないんだけど。
DVDで観ているのと似た感覚だったなぁ。
実際にそこにいるんだっていう現実を飲み込めなかったんだろうか?

そしてついつい舞台美術や照明のセッティングを見てしまう自分が哀しい。『ムービング(舞台上に置いてあった、Notte Di Luce やCaruso などで観客席方向に光を動かしたりしていた灯体)いっぱい使ってんなぁ~』なんて“高価”なものに目がいってしまうところがますます哀しい。

それでもやっぱり生の臨場感は感動モノでした。今まで自分の中にあった4人それぞれのイメージが良い意味で裏切られ、変わった。
本当に勉強したんだな~と感じさせる日本語でMCをするDavid はやっぱり甘い声だけど、CDで聴くよりも男臭い声をしていて不覚にもちょっとトキメイタ。David の笑顔って母性をくすぐるよね。小癪なヤツめ(笑)
聴き取りにくい英語を話すCarlos のMCは「?」が多かったけど、思っていたよりも耳に入りやすかったかも?なんの脈絡もなく「アイシテマス」と言い出したのには笑っちゃった。その言葉だけ勉強してくるあたり自分のキャラをよくわかってるよね。お決まりの仰け反り(「フェラーリのマークみたい…」には爆笑)、こめかみの筋&プルプル震える手は2階席からでもバッチリ。CDとまったく同じであるコトに逆に感心。
そして今まで4人の中で個人的に一番印象の薄かったSebástien の存在感&評価が急上昇!観客を楽しませようとするエンターテイナーぶりと、愛嬌たっぷりのキャラ。自分が日本語を話せないことを詫びて「次回までの宿題に…」なんてリップサービスも。以前より痩せてかっこ良くなってたな~。「r u ready to surrender ?」とふられた時にはちょっと『ぽっ』としちゃったわい。(深読みするなっつーの)
ちょっとガッカリしてしまったのはUrsの元気のなさ。もともとテンションがいつも高いヒトではないし、淡々と歌うタイプだけど…。もう少しパワーを感じさせて欲しかったな。表情があまり見えなかったせいで余計にそう見えてしまったのかもしれないけど。でもUrs だけステージの前ギリギリまで出てきてくれるサービスをしてくれた。(まぁ、2階席組にゃぁ関係ないけど~)

それでも…やっぱり、やっぱりライブは良かったっす!ハラショー!!(T▽T)/
ずっと聴いていたかったなぁ…。

その余韻をひきずりつつ帰り道に有楽町のガード下の居酒屋へ。これは以前から約束していた(というより、させた)コトなんだけど、そこへ今日初めて会ったヒトを巻き込んで飲んだ。(笑)

最後、Somewhere の時のコトについては…さんざんアチコチで議論されたであろうし、いろいろな視点の意見があると思うので、あえて控えます。ただ、2階席からあれを見た私は…かなり冷めた目線で見ちゃいました。もちろん一方的にファンが悪いとは思わない。運営(主催)側の落ち度もあったと思うけど、ファンも考えないとね。一般常識を持って然るべき大人として。
ね、Ladies and gentlemen ?

つづく
[PR]
by kahvi | 2007-02-03 23:50 | その他諸々

あっという間。

IL DIVO コンサート2日目終了。
楽しい時間は、本当にあっという間に過ぎてしまった。

今日は1階席、“前方”といえるほどの列ではなかったけど、とりあえずは“一番前のブロック”という括りにギリギリ入る場所。メンバーの表情が見える位置でした。脅威の視力の持ち主に産んでくれて有難う、母よ。おかげさまで David がこめかみに筋を浮かべて赤い顔で歌う姿も、ウワサのUrs のギラギラ靴&バックルもバッチリ見えた。Carlos は2階席からでもよくわかったので、べつに変わりばえもなく…(笑) Seb だけこっち側には来てくれなかったなぁ。

今日もネットカフェで更新中だけど、勝手にイタリア語・スペイン語入力を追加したので(笑)セットリストをUP。(今日は昨日の反省を踏まえて、暗闇の中で根性でメモってきた)

Overture

Notte Di Luce
Si Tú Me Amas
Un Regalo Que Te Dio La Vida
Everytime I Look At You
Mama
Passerà
Caruso
Heroe
Musica
Regresa A Mi
Nella Fantasia
Feelings
Sólo Otra Vez
Pour Que Te M'aimes Encore
La Vida Sin Amor
Senza Catene
A Mi Manera

Without You
Somewhere

昨日と少しオーダーは変わったけど、内容は一緒で少しだけガッカリ。
結局“ Isabel ”は2日間とも聴けなかった~(TへT)
でも“ Feelings ”、“La Vida Sin Amor ”、“ Passerà ”、“ Caruso ” etc
好きな曲のオンパレードで最高でした。
特に“ Feelings ”は生で聴くと本当に感動する。なんていったらいいかわからないけど、曲(歌)の盛り上がりとオケ演奏の盛り上がりの融合が鳥肌モノ。
殺戮兵器(私にはね)の“ Everytime I Look You ”も聴けたし。強いて言えば“ Pour Que Te M'aimes Encore ”よりは“ I Believe In You ”を聴きたかったけど、この後も殺人的なスケジュールで公演をこなさなきゃならないのにアノ曲はダメージが大き過ぎるんだろうなぁ…David にとって。しかたないか。

相変わらず実感だけがないまま2日間が終了しちゃったけど、生のライブの迫力・声量…すごかったなぁ~。CDやDVDで聴いたり観たりしている印象からは良い意味で裏切られた感じ。また違う魅力を発見。

本当に来て良かった。

また来日してくれるといいな。できれば早く(A.S.A.P.)ね!その時は主催者側にはもっとしっかりと運営をしてもらいたいものでございます。

そうそう、高木美保が今日も来ていた。普通にトイレ待ちの列に並んでいて笑っちゃった。(こんなコトは書かない方がいいのかな?笑) 叶美香も来ていたみたい。あの真っ赤な長髪はたぶん…。昨日も私が見たヒト以外にもたくさん有名人が紛れていたらしい。

明日は雪の北海道へ帰ります。
東京滞在中の“おもひで”は帰ってからゆっくり。
[PR]
by kahvi | 2007-01-30 23:57 | その日の出来事

いまだに。

実感が沸かない。
ず~~~っと楽しみに待っていた IL DIVO のコンサートを観てきたというのに、なんだかまだDVDでも観たような感覚がどこかにある。

でもライブは、いい意味でイメージとは違い…
やっぱり良かった。

生オーケストラも良かったし。OVERTURE を聴いたら、すごいドキドキしちゃった。
大好きな“ ISABEL ”を今日は歌ってくれなかったのが残念だったけど、大好きな曲ばかりですごく嬉しかった。“ Feelings ”聴けたし♪ “ La Vida Sin Amor ”があんなにノリノリになるとは予想外だったけど(笑)

会場を出る時にセットリストの写メを撮ってきたのに、混んでいてキレイに撮れず…解読は難しそう。あとは記憶…と思ったけど、あまり覚えてないコトに気づく。DIVO達がMCで喋っていたことすらも、終わってみるとあまり覚えていなかった…(^^;)
きっと、ぽわ~んとして観ていたんだろうねぇ。

あ、そういえば小泉元首相が普通に観客として観に来ていた。
好きなわけではないけど、オーラ?みたいなものがあるヒトだな~と。

今日は妄想町内会の方々をはじめ、色んな人に会えて楽しかった~。
でも、一人で観るのはやっぱりチョット淋しかったとです(笑)

あともう一日。
明日はしっかりと記憶に刻んでまいります。

ネットカフェで更新すると、イタリア語・スペイン語のアクセント記号を入力できなくて悔しいので、セットリストは帰宅してから。(頑なに拘る)

ていうかネットカフェに行ってまで更新するあたり…ブロガーの鑑だ☆(笑)

イル・ディーヴォに純ちゃん感激!「サインして」の“おねだり”も Excite:芸能ニュース


遅ればせながらのセットリスト。

Overture

Regresa A Mi
Si Tú Me Amas
Un Regalo Que Te Dio La Vida
Everytime I Look At You
Mama
Passerà
Caruso
Heroe
Musica
Notte Di Luce
Nella Fantasia
Feelings
Sólo Otra Vez
Pour Que Te M'aimes Encore
La Vida Sin Amor
Senza Catene
A Mi Manera

Without You
Somewhere
[PR]
by kahvi | 2007-01-29 23:59 | 好きなコトの話

La Vida Sin Amor。

難産デシタ。
これは難しかったあるヨ!
歌詞が短いからと侮っておりました。

“ La Vida Sin Amor ” (=愛のない人生)
スペイン語歌詞を訳してみたけど…ほんっとに難しい。辞書をひく毎に新たな「?」が増えるってどういうことさ。初心者レベルにはハードルが高かった…orz

まだまだ訳は納得できていないけど、公演も間近ということで。間違いがあるのを覚悟でUPしちゃうだす。せめて読みのカタカナだけでもお役立てくださいまし。


Cuando el sol cae un día más
クアンド エル ソル カィエ ウン ディア マス
(太陽が一日でもっとも沈む時を迎えても)
Se que no quieres dormir
セ ケ ノ キエレス ドルミール
(欲しいのは眠りなんかじゃない)
La pasión nos vuelve a desnudar
ラ パシオン ノス ヴエルヴェ ア デスヌダール
(情熱が僕達を生まれたままの姿へと戻す)
Porque sin ti yo no sé vivir
ポルケ シン ティ ヨ ノ セ ヴィヴィール
(僕は君なしで生きられないから)

Y la oscuridad ve enloquecer
イ ラ オスクリダー ヴェ エンロケセール
(闇は知っている)
A un hombre y una mujer
ア ウン オンブレ イ ウナ ムヘール
(ひとりの男とひとりの女が狂わされてゆくのを)

La vida sin amor
ラ ヴィダ シン アモール
(愛のない人生なんて)
Es un fuego sin pasión
エス ウン フエーゴ シン パシオン
(熱を失った炎と同じ)
La vida sin amor
ラ ヴィダ シン アモール
(愛のない人生なら)
No sirve ya mi corazón
ノ シルヴェ ヤ ミ コラソン
(もう心なんていらないから)
Pues olvido amar
プエス オルヴィド アマール
(愛するということも忘れた)※

Lagrimas que nunca lloré
ラグリマス ケ ヌンカ ヨ(リョ)レ
(決して流したことのない涙)
Suplicas que no te di
スプリカス ケ ノ テ ディ
(僕が与えなかったものと)
Y un mundo igual que sólo sabe huir
イ ウン ムンド イグアル ケ ソロ サベ ウイー
(逃げることしかできない 変化のない世界をねだる)
Dejando atrás todo mi sufrir
デハンド アトラス トド ミ スフリール
(僕の苦しみはすべて後に残して)
Y en la oscuridad , piel sobre piel ,
イ エン ラ オスクリダー ピエル ソブレ ピエル
(闇の中 重なる肌、魂…)
el alma , calma su sed
エル アルマ カルマ ス セー
(渇きをいやしてほしい)

※~※ repeat
[PR]
by kahvi | 2007-01-27 04:25 | 好きなコトの話

ISABEL。

IL DIVO の私のお気に入りトラック(Urs に言わせれば「For me,personal,my favorite track of the second album,ANCORA…」って感じ?)の一つ、“ISABEL”の歌詞カードの日本語訳がどうしても納得できないので自分流の訳をしてみた。

とはいえ、まだまだスペイン語初心者の私なので、100%の自信をもって載せられないところが心苦しいけれど。いつもイタリア語歌詞の訳をUPしてくださる町内会ブログを真似て、読み方のカタカナをつけておいたとです。あると自分も嬉しいので。ただ、単語単位の読み方になっておりまする。実際は他のラテン系語同様、前後の言葉とくっついて発音されます。

※発音は地方・国によって少しずつ違うのでご了承あれ
  (Ex.  yo=“ヨ”を“ジョ”と発音するところもあります)
※スペイン語のSとZ(サ行)は濁りません
  sa si su se so / za zi zu ze zo ⇒どちらも サ シ ス セ ソ と発音

Volar caer al fondo del dolor
ボラール カィエール アル フォンド デル ドロール
(飛んだと思っても、悲しみの底へ落ちてゆく)
Soñar perder imperios de ilusión
ソニャール ペルデール インペリオス デ イルシオン 
(夢見ても、消えてゆく幻想の帝国)
Hoy no tengo nada
オイ ノ テンゴ ナーダ
(いま僕には何もない)
Si no estás mi corazón se apaga
スィ(シ) ノ エスタス ミ コラソン セ アパーガ
(君がいないと僕の心から光が消えてしまう)

Isabel (イサベル)
Si te vas tu Dios se enfadará
スィ(シ) テ ヴァス トゥ ディオス セ エンファダラ
(君が行ってしまったら神様を怒らせてしまうよ)
No dejes que este amor muera así
ノ デヘス ケ エステ アモール ムエラ アシ
(終わってしまった愛だけを置いていかないで)
Lloraré llorarás sufriendo en soledad
ヨ(リョ)ラレ ヨ(リョ)ララス スフリエンド エン ソレダー
(僕は泣くだろう 君も泣くだろう 孤独の中で苦しんで)
Tú vuelve a mí y yo te haré feliz
トゥ ヴエルヴェ ア ミ イ ヨ テ アレ フェリース
(僕のもとへ戻ってきて 僕が幸せにするから)
Isabel (イサベル)※

Buscar sentir la gran pasión de amar
ブスカール センティール ラ グラン パシオン デ アマール
(探し、感じよう、愛するという大きな情熱を)
Tratar de huir a ese tiempo que vendrá
トラタール デ ウィー ア エセ ティエンポ ケ ヴェンドラー
(やがて来る“その時”をさけようとして)
Escapando del pasado tú y yo siempre enamorados
エスカパンド デル パサド トゥ イ ヨ シエンプレ エナモラドス
(二人がいつも愛し合っていた過去からも逃げた)

※~※ repeat

Hoy no tengo nada
オイ ノ テンゴ ナーダ
(いま僕には何もない)
Si no estás mi corazón se apaga
スィ(シ) ノ エスタス ミ コラソン セ アパーガ
(君がいないと僕の心から光が消えてしまう)

Isabel (イサベル)
Yo te amaré
ヨ テ アマレ
(君を愛していた)

Isabel (イサベル)
A donde irás sin mí
ア ドンデ イラス シン ミ
(僕なしでどこへ行こうというんだ)
Yo no sabré vivir sin ti
ヨ ノ サブレ ヴィヴィール シン ティ
(僕は君なしで生きられない)

※~※ repeat

1ヶ所だけ色が違うところは、歌詞カードに載っていないので私の予想です。ここ以外にもまだちょっとアヤシイ箇所が…。他にも間違っているところがあったらごめんなさいませ。
また、正解を知っているヒトがいたら教えて下さいまし。
[PR]
by kahvi | 2007-01-23 21:59 | 好きなコトの話

大吉。

会社の後輩と夜勤明けで初詣(こんな日にちになっても初詣と言い張る)のため北海道神宮へ。ついでにセレブな地区・円山でランチをしてこようという野望計画とともに。なぜ北海道神宮にこだわるのかはコチラ

先に円山のTAVERNA MEZZALUNA (タベルナ・メッツァルーナ)というイタリア料理店でランチ。この店は以前、私のバイト先のイタリア料理店で一緒に働いていたS氏がランチだけ働いていたという店。その前からも赤で統一された目立つ外観とテラス席がかわいくて気になっていたんだけど、S氏の太鼓判をいただいていたので行ってみた。

ランチメニューの“パスタランチ(¥1,365)”を選択。
前菜(じゃがいも入りのスパニッシュオムレツみたいなもの)、サラダ(リーフサラダ)、自家製パン(チーズ味でモチモチだった)、パスタ(3種類から選ぶ。私が選んだのは海老と小松菜のトマトクリームスパゲティ)、ドルチェ…という値段のわりにボリュームたっぷり。しかもドリンク付き。美味しかったな~♪
座った席の目の前にあった窯でピッツァを焼いていたのを見て、ピッツァランチも気になった。また今度行ってみようっと。

すっかりお腹一杯になってから、ようやく神宮へ。
おみくじで大吉を引き当てた。コワイ…どうなってんの自分。
先日のお買い物券当選に引き続き、今までにない幸運の続きよう。大丈夫なの?と不安になってしまう。そのおみくじには、こんなことが書かれていた。

ときくれば 枯木とみえし やまかげのさくらも 花のさき においつゝ
初めは冬の枯木の葉おちて 花もなく 淋しく此末如何なろうかと気遣うも 其内に春となって 花さく如く 末よき運なり 何事も慎め 退屈せず時をまてば必ずよし

なんで最近の私の心情を知っているんだ?!(笑)
この頃すっかり私の“慰めソング”になってしまっている、IL DIVO の Come Primavera の歌詞みたいな内容だ。偶然とはいえ、なんだか嬉しくなる。
冬は終わりそうだよ 痛みもとけていくだろう 雪のように
もっと穏やかな人生が戻ってくる
そして春のようにまた花は咲く
(抜粋)

でも大吉というわりに、その他はあまり良いコト書かれてなかった。
願望:初めは思わしくないが後は必ずよし (これはいいとして)
縁談:初め手間取りて思わしからず後は叶う (これもまぁいいとしよう)
失物:出にくい 人に渡る (最近、手袋を失くしたんだよな)
旅行:利少く帰途に注意 (東京行きを控えてるってのに)
商売:あせっては損する (商売はしないけども)
転居:さわがぬがよし (意味がわかりません) …etc

つまり今年前半はダメっていうコトですかい?
じゃあ最近続いているこの幸運はいったい…
ますます不安。
[PR]
by kahvi | 2007-01-20 01:01 | その日の出来事

洗濯?

会社帰りに東急ハンズに寄ってきた。
ああいうお店が大好きだから、入ったら確実に1時間は出てこない。買う予定・欲しいモノに関係なく、眺めてるだけで楽しい。今日も約2時間、無駄にウロウロしてきた。

数々の誘惑を振り切って、目的だったルミカライト(ペンライト)の赤×2本を買って帰る途中…やっぱりやっちゃった。衝動買い。

a0088238_14224622.jpg入浴剤を2袋、お買い上げ。
1つは“ちょっとリッチなバスタイム”という入浴剤。≪ゴージャス!キラキラ★ラメ配合≫…入浴剤にラメは必要なのか?(ーー;)←(買ったくせに)  ≪特別な日に入りましょう≫ですって。フン!特別な日なんて、アタイには当分訪れやしねぇよ。訪れる気がしねぇよ。←(でも買ったくせに)
もう1つは、その名も“人間洗濯”。このネーミングに負けたといってもいい。そう認めてやってもいい。(笑) ≪酵素のチカラで古い角質、毛穴につまった汚れをスッキリ!≫だそうですよ。ついでにヨゴレきったアタイの心(ハート)も洗濯してくれたら最高なんすけど。

今日は寒いし、久し振りに湯船にお湯をためて入ろう。
どっちの入浴剤がいいかな。前に甥&姪からもらった“妖怪風呂”入浴剤もまだ試してないしな。…ていうか、その前にお風呂掃除をしなきゃだわさ( ̄△ ̄;)

【その後】
結局お風呂掃除をサボリ、近所にある銭湯へ。今のアパートに引っ越してきてから3年とチョット。初めてそこへ行った。
予想通り、そこにはほぼ“ヌシ”と化しているオバチャマ達がわんさかだったけど、めげずに入ってきた。古いし狭かったけど、遠赤サウナ&ミストサウナ、ジェットバス、週替りの薬湯(今週は“どくだみ湯”)、水風呂が設置されていて390円。コレは安いゾ♪
ツルツルでぽかぽか~♥
眠気が…

【さらにその後】
いつものようにお気に入りCDの“自宅視聴専用CD(要はコピー)”を作成。
だいぶ遅くなったけれど、ようやく Siempre の分を作った…のはいいけど、ディスク表面をどうしようかと随分迷った。
1&2枚目のアルバムは実際のアルバムジャケットを加工して印刷。() でも今回のはジャケット写真が好きじゃないのでどうしようかと思案。
で、出来たのがコレ↓
a0088238_2185541.jpgいっそ、画像は入れずに真っ黒背景に文字だけ…とも考えたけれど、黒のインク残量が少なかったのを見て却下。
1st アルバムの時と同じように、また苦し紛れにちまちまとメンバーの立ち位置なんかも調整してみたけれど…どうしてもディスクの穴と位置が合わない。4人ってムズカシイな。
しかもこの写真もメンバーが“イイ顔”をしていないのがまた…(==;)

a0088238_21233479.jpgそんなコトして無駄に時間を浪費している豆星人の今日のおやつ(たぶん夕食兼用)はコレ。(⇒)
小豆の甘納豆。そのままつまんでおります。
といっても小豆の甘納豆なんて初めて自分で買った。なんで買おうと思ったんだろう?夜勤明けで沸いたアタマだった故の行動かなぁ…。でも食べてみてさすがに自分でもチョット驚いちゃった。コレもいけるのか?!と(笑)
自分がコワイ。
[PR]
by kahvi | 2007-01-14 14:47 | 美容・健康の話

危険物。

どういうわけか、珍しく今回のAmazon の仕事は早かった。
IL DIVO の新しいDVD(LIVE AT THE GREEK THEATER)が昨日、10日に発売。前日発送だなんて表記はなかったハズなのに、9日に発送完了メールが来ていて驚いた。嬉しいけれども…もともと“前日発送”を予定していたのに待ちぼうけをくらわされた“ Siempre (US盤)”の時とはえらい違いじゃねぇのか?huh?

軽く毒を吐きつつ、ウッカリ辛くし過ぎたペペロンチーノをヒィヒィいいながらやっつけ…普段は滅多に電源を入れてもらえずにいるテレビの前に陣取って準備完了!
…と思ったけど、まだでした。おやつの準備をしていなかった。(笑)

a0088238_22293229.jpgまたまた今日のおやつも文明堂。でも昨日の銀座ロールではございませんの。実は頂き物。
さつまいもとりんごのタルト。
まさか文明堂でこんなのが売られているなんて思わないよね。でも知ってた。昨日、銀座ロールとさんざん悩んだから。直径が15cmくらいのミニサイズで、これも525円也。
これがまた美味しくて…♥
すっかり文明堂にやられております。

それはおいといて。

またYAVAISSIMAだよ!!
パッケージに危険物だとちゃんと表記しておいてくれないと困るよ!
ヤヴァイよこのDVD!
…こんな熱唱してるの、観た事も聴いた事もないもの!!
特にUrs !あんな熱く歌う姿、観た事ございませんもの!!
もちろん瞬殺でございましたわさ。今回の“ ISABEL ”には卒倒しそうだった。完全K.O.デス。Passerà で半殺し、ISABEL でトドメ。
…ここまででも既にヤヴァイというのに、“ EVERYTIME I LOOK AT YOU ”なんて核弾頭ミサイルを持ち出しやがって!何回ワタシを殺す気ですか?!ソロで歌うパートがCDとは少し違っていて、「So lead me …」のところはUrs じゃなきゃダメー!…なんて狭いココロで観ていたけど、ちゃんとUrs が歌ってくれて昇天しました。(言葉オカシイな…)

いつも思うコトだけど…ヤツら、ソロパートを歌っている時のメンバーを見つめ過ぎ。(笑)
テニスの試合でラリーを見守る観客みたいな動きで見つめるなっての!(笑) あんな至近距離で露骨に見つめられたら、もし自分だったら気になって歌えないよ。

今月末にはいよいよ…と思うんだけど、なんだか現実味がなく思えちゃうな。実際にライブが始まって、あの歌声を直で聴いたら震えちゃいそう。“ FEELINGS ”なんて歌われたら、感動して泣きそう。…本望だ♥(笑)
やっぱりマスカラとアイライナーはウォータープルーフにすべき?!

最近は“ Siempre ”ばかり聴いていたせいか、どのトラックも懐かしく感じる。でも初期の頃とは良い意味でまったく違うね。なによりメンバー全員、すごく気持ち良さそうに歌ってるし、楽しそう。自然体って感じ。カル隊長の暴走もスゴイしね。(笑) ていうか日本では考えられないほど、ファンがやりたい放題…(==;) スゲェな…
[PR]
by kahvi | 2007-01-11 23:46 | 好きなコトの話