好きなモノにはまっしぐらな妄想族の独り言。以前使っていたブログIDをうっかり削除してしまった為、2代目。(そちらにコメント下さっていた方々ゴメンナサイ)
by kahvi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
その日の出来事
好きなコトの話
美味しいものの話
語学の話
美容・健康の話
妊娠・出産の話
お弁当の話。
どうでもいい話
お仕事の話
その他諸々
未分類
タグ
(86)
(61)
(47)
(47)
(45)
(41)
(40)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
以前の記事
2011年 03月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
more...
検索
最新のトラックバック
本日のデート 〜〜 レス..
from ぽれぽれ2号館
ご案内 3
from 空色のきもち
ご案内 3
from 空色のきもち
たまには野球ネタでも・・..
from ぽれぽれ2号館
LINK
フォロー中のブログ
Tamas blog
Kippis!
ダメニンゲンのヒトリゴト
魚屋三代目日記
Kippis! from...
ぽれぽれ弁当館
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:音楽 ( 14 ) タグの人気記事

スーパースター☆

唐突に、
本当になんの脈絡もなく、
急に Michael Jackson の曲が聴きたくなった。

それでCD棚からベスト盤の「History」を引っ張り出してきて聴いていた。
ちなみに持っているアルバムはこの1枚のみ。

聴いているうちに、今度はどうしてもビデオクリップが観たくなった。
Michael Jackson といえば、やっぱりPV。

彼の全盛期をリアルタイムで知っているわけでもないし、ファンというわけでもないけど、あの有名なPVの数々は知っている。
きっと一番有名なのは「Thriller」あたりだろうけど、個人的にあれより印象に強く残っているのが「Earth Song」という環境破壊の抑止を訴えた曲。MTVで流れていたその曲のPVが衝撃的だった。
テーマといい、曲といい、センスといい、オーラといい…とにかくかっこよかった。
次の日にはシングルCDを買っていたほどだ。

結局CDはその1枚とベスト1枚しか買わず、「ファンですか?」と聞かれれば「いいえ」と答えるだろうけど好きだ。

あの「Earth Song」のPVをもう一度観たい!!

そしてアマゾン川へ身投げ。
ワンクリックショッピ~ング☆
ちくしょう、世の中便利過ぎだ。

a0088238_2312892.jpga0088238_2315592.jpg
そんなわけで、ここ数日はひとりMJ祭り開催中。

やっぱいいっすわ~。買ってヨカッタ~。
「Earth Song」以外のPVを最初から最後まできちんと観たのは初めてだったけど、すごくいい。「当時は革命的なPVだった」と、過去の出来事としてしか知らないけど、想像できる気がした。

今でこそドラマ仕立てのようなPVは多くあるけど、PVの演出に合わせて曲を編集してしまうなんてこと、ほとんどないよね。そこまでしてしまう、こだわりがスゴイ。

20年も前の映像なのに、今観てもまったく遜色ない感じ。そりゃあね、もちろん今の方が映像技術なんかは格段に進歩しているはずだけど。

それにしても…この頃の彼は間違いなく「スーパースター」でした。

>>公式サイト<<
[PR]
by kahvi | 2008-02-22 23:21 | 好きなコトの話

BGM。

最近はずっとクラッシック寄りの音楽ばかり聴いていたなぁ…。
それもクロスオーバーものばかり。
途中でチョッピリ太陽の貴公子(David Bisbal)が割り込んできたけど(笑)

BON JOVI のニューアルバムも散々リピートして聴いたし…

で、懐かしめのCDを棚から引っ張り出してきてみたり。

a0088238_140506.jpgここ2、3日まったくジャンルの違う2枚のアルバムを交替で聴いております。
1枚は Delerium
以前、私のダイスキなDJ(テクノ系)がアレンジしていたことで知ったアーティストなんだけど…ジャンルはなんだろう?何になるんだろうか?
昔はエニグマと比較されたりしてたらしいけど。ややゴシックの入ったテクノ?ハウス?コラージュサウンド?そもそも分野とかそういうのに詳しくないからわからないや(汗)
もう1枚は The Bacon Brothers
知る人ぞ知る…って感じなのかな。
日本じゃきっとあまり知られていないよねぇ。Kevin Bacon がCDを出してるなんて。それも実のお兄さんと組んでロックのアルバムを何枚もリリースしているなんて。
案外イイ声してらっしゃるんだこれが♥
話す声も好きだけど、歌う声も良い♪
曲はBryan AdamsCorey Hart あたりが好きな人なら好みっぽい。

あ~ロックもえぇなぁ。夏だし。(最近、何かにつけて夏を理由にしようとする)
ラテンもね。夏だし。

いつも部屋でCDがかかっているせいでテレビを観ない生活が続く。
ネットでニュースをチェックしていても、あっという間に世間からとり残される。
これはもはや世捨て人レベル。
仙人か?!くらい世情に疎くなる。

音楽がないと生きてゆけぬのじゃーーーーーーー!!!
なんて言い訳をしようとしてみたり。
[PR]
by kahvi | 2007-06-21 22:40 | 好きなコトの話

夏の匂い。

夜勤明けでそのまま劇場のバイトへ。
天気がとても良くて、まだ11時にもなっていなかったのにとても暖かかった。途中コンビニで水を買ったりしながら徒歩20分ほどの距離を歩いて向かっていたのだけれど、ジャケットを着ていたせいか劇場へ着く頃には軽く汗をかいていた。

a0088238_23325434.jpg途中で某大手ホテルの敷地を通った時に、ふとライラックの匂いがした。
見ると満開のライラックの花と、既に散り終わりそうな遅咲きの八重桜。

あ~夏が来るんだなぁ。
と、毎年ライラックが咲いているのを見ると思う。

…ていうか、遅い。気づくのが。

“ライラック祭り”だってとうに終了しただろってのよ。
普段何を見ながら歩いているのか。なんて余裕のない…orz

街路樹が緑の葉をつけ、タンポポが綿毛をつけて…初夏らしい風景になっていっているのはさすがに気づいていたけれど…なんだか急に夏の到来を実感。

もう6月がくるんだものね。
もう1年の約半分が過ぎちゃうの?!と驚いてみたりもして。

まぁとりあえず夏が来たら、海BBQがしたいな。
今年はキャニオニングにも挑戦したい!

久し振りに妄想町内会からの影響風を受け、David Bisbal のCDを購入しちまいました。某ひろみ氏のカヴァーのせいなのか、やけにCDショップでイチオシしていらっしゃいますのね。

ラテン系音楽を聴くとテンションがあがる私。
予想以上にアイドル色が強かったけど、夏に聴くには良い1枚かな。
[PR]
by kahvi | 2007-05-31 03:46 | その日の出来事

歌詞。

Josh Groban の3枚目のアルバム“ AWAKE ”を買うかどうかすごく迷っていた。もちろん興味があるし欲しいという気持ちがあるから悩むわけなんだけど。でも1枚目、2枚目を持っているからといって、じゃあ3枚目も…となるほど好きかな?と。

前作に引き続き今回もDEEP FOREST が参加しているとあっては気にならないわけもなく…去年当たった地下街のお買い物券が残っていたこともあって、結局は買ってきちゃった。
DEEP FOREST は昔からダイスキ。ダンスミュージックはちょっと…というヒトも所詮エレクトロニックな音楽じゃん…というヒトも一度聴いてみて欲しいねぇ。
もともとテクノなんかも好物だった私には直球ストライクだったんだわさ。サウンドはハウスなのに立派にヒーリングに成りうるところが不思議ですごい。そして彼らのアルバムを聴いているとますます広い世界へ飛び出したくなる。世界一周旅行に行きた~い!

話を戻して。

いつものように、本人も好きだというイタリア語歌詞の曲が多数収録されていて…でも今回はスペイン語の曲も増えていた。といっても今まで一枚のアルバムの中に1曲だったのが2曲に増えていたっていう程度だけど。どこぞの国際的4人組ユニットを思い出しちゃうね。
相変わらず良い声&スバラシイ歌唱力。
でも…彼はラテン語よりも英語の曲の方が似合うと勝手に思うんだな。
Alejate (スペイン語)みたいにどちらかというと切なげ系の曲なら違和感ないんだけど、Caruso (イタリア語)のような情熱系はどうもイメージにそぐわないような気がしちゃう。あの優しげな声はやっぱり“癒し系”のキャラなんだろうね。

なんて考えながら歌詞カードを追っていくと…やっぱり間違いを発見。どうしてこう海外アーティストの歌詞カードって信用ならないんだろう?こっちはお金払って買ってんだからさ~きっちりと仕事をしてよね(ーー#)
日本語の対訳をしたヒトは何を見て訳したのか。すると今度はその対訳も「本当にそうか?」と疑わしく思えてきてしまう → 自分で訳してみようと試みる → もとの歌詞の記載自体が間違っているので混乱する → イタ・スペ語初心者の自分には正解が導き出せない → 結局よくわからなくなる(怒)
いつものパターンだ。

「音楽」において歌詞の優先順位は最後でいいと思っている私だけど、当然歌詞だって良い方がいいに決まっている。内容が気にならないわけもないわけですわ。

なんとかならんのかね~?
[PR]
by kahvi | 2007-03-02 10:02 | 好きなコトの話

騎士道。

もちろん今日も家ではず~~っと“Siempre”がエンドレスでかけられ続けております。昨日もこの話題に触れたけど、“Have You Ever Really Loved A Woman(Un Regalo Que Te Dio La Vida)”←(長い!)の原曲はBryan Adamsによるもの。
それで、せっかくCDをひっぱりだしてきたわけだし本家(?)の方を何年ぶりかで聴いてみた。それで思ったのが…IL DIVO の方はなんだか妙に甘くて優しい。それはそれで良いんだけど、個人的にはもうチョット“男臭さ”みたいなのが欲しいなぁ~なんて。

原曲にはなんとなく重みがあるというか…極端な話、騎士道でも説いているかのようなイメージが自分の中にあって、それが先入観になっちゃってるのかもしれないけど。

To really love a woman
ひとりの女を愛し
To understand her - you gotta know her deep inside
理解するためには その心の奥底を知らなくてはならない
Hear every thought - see every dream
あらゆる考えに耳を傾け 夢のひとつひとつを見守ってやれ

When you love a woman you tell her that she's really wanted
女を愛する時は彼女が心から求められていることを教えてやるんだ
When you love a woman you tell her that she's the one
女を愛する時は彼女こそたったひとりの存在だと教えてやるんだ

So tell me have you ever really - really really ever loved a woman?
さあ言ってくれ 君は今まで本当に 本当にひとりの女を愛したことがあるかい

You got to give her some faith - hold her tight
彼女に信頼を与え きつく抱きしめて
A little tenderness - gotta treat her right
ささやかな優しさをこめて きちんと接するんだ
She will be there for you, takin' good care of you
彼女は君の為にそこにいて優しく尽くしてくれるだろう
Ya really gotta love your woman...
君は自分の女を心から愛さなくてはならない…

歌詞の内容からいっても、優しく歌うとチョット頼りなげなオトコになってしまうような?!気がするので、力強く、重く歌って欲しかったかな。

あ、でも否定するつもりは全然なくて、DIVOのはDIVOので、あれも良いの。ただ…“Caruso”くらいの熱さで歌ってくれたら、かなりの殺人ソング(?!)になってたんじゃないかな…と思っただけで。

“ドンファン”も観たくなってきちゃった。ジョニー・デップはトシをとるにつれ、ますますイイ男になってゆくなぁ…♥
DVDレンタルしてきちゃおうかな。
その前にちゃんと仕事しろってな。てへっ♥
(夜勤中です、ハイ)
[PR]
by kahvi | 2006-11-26 20:50 | 好きなコトの話

リニューアル。

Il Divo のUKサイトでメーリングリストの登録をしてから、初めてのメールが届いていた。(登録してから既に数ヶ月以上が経過してるのに…) しかもサイトがリニューアルしますというお知らせ。
そのうえ新たにリストに登録が必要な様子で、なんなのよ…と心の中で舌打ちしつつ(ウソよ♥)新しくなったサイトを見てるうちに、あっという間に時間が経っちゃった。
予定では2時間くらい前には就寝してるはずだった。友達と飲んでホロ酔いで帰宅したので、体があったまっているうちにさっさと寝てしまおうと思ってたのに…すっかり酔いもさめた。

新サイトはさらに文字数アップでユウウツになれます(笑)
情報量が豊富なのは嬉しいけど、なんで英語のサイトってのはあんなに小さな文字が羅列されたページを作るんだろう。読みづらいっすよ…(==;)

当然と言えば当然だけど、コンテンツはもうすぐ発売の3rd アルバム、Siempre のことを全面に押し出した構成になっていた。
やっぱりあのジャケ写真は好きになれそうにない…。
その他の写真も、どうも微妙。

でも曲を視聴したらテンションが上がっちゃった。
US盤の発売が11/21。Amazonが、ナニを張り切っているのか11/20に発送してくれるというので手元に届くのが11/22!(北海道ですので) あと5日!!もう少しだ♪
Urs曰く、『It's very sexy actually!』だというSiempre。
今回は“Somewhere”以外すべてイタリア語・スペイン語の曲だそうで。また対訳にアタマを悩ませるコトになりそうな予感。きっとまた文句をつけるんだろう。(笑)
とにかく楽しみでございます♥♥

さ、寝よ。
[PR]
by kahvi | 2006-11-17 05:15 | 好きなコトの話

濃い?

今朝、職場でTVのニュースを観ていたら、ケルティックウーマンが生出演・生歌披露していてビックリ。当然のごとく(?)曲は“ You Raise Me Up ”でした。キレイな声だな~とウットリ。

…で、この曲がいろんなヒトにカバーをされているという話題になって、『そういえば IL DIVO の3rd アルバムにも入ってるんだよな』…と思ってたら、一瞬流れた!!(やっぱりアルバムタイトルは“オールウェイズ(しかもカタカナ)”と紹介されてた)

その瞬間、一緒に観ていた職場の子が
うわっ なんか濃い!ヤダ!!』と言った。
…ヒドイ…(T△T)
ちなみに Carlos をシルベスター・スタローン扱いした子ではありません。どうしてこうウチの職場の人達は…。そりゃあね、『福岡ソフトバンクの川﨑選手と早実の斉藤君がカッコイイ♥』と言ってるその子にとって、彼らに比べれば濃いのかもしれないけど…
a0088238_10531027.jpga0088238_10581947.jpga0088238_1173285.jpga0088238_1131695.jpg
…濃いかも。うん、濃いな。 …否定できなかった…orz

なんか落ち込んだから話を戻そう。
IL DIVO バージョンの“ You Raise …”を聴くと、なんかチョット違う気がしちゃった。やけに野太いというか…(笑) 女性ヴォーカルの方がイメージに合う曲のように思える。ケルティック・ウーマンを聴いた後だったからかなぁ???ほんの一瞬かかっただけだから、ちゃんと全部を聴いたら違う印象なのかもしれないけど。

それにしても声キレイだったな~( ̄▽ ̄〃)
加えて歌も上手けりゃ、自分で歌っていても気持ちよかろう。
でもやっぱり女性ヴォーカリストの中で私が一番ウットリする美声の持ち主は The Carpenters の、Karen ! あんな美声を持って生まれてみたい。
[PR]
by kahvi | 2006-10-07 11:30 | その日の出来事

懐古。

いつの事だったのか思い出せないくらい前に、欲しかったCDが絶版で手に入らないという残念な宣告をされ、仕方ないので手元にあったカセットテープ音源を大事に大事にとっておいたものがある。

“ Danger Zone ” “ Footloose ” などで有名な Kenny Loggins の、“STAR BOX”というベストアルバム。確か日本限定生産。1990年代に発売されたのは確かなんだけど…。

このベスト盤しか持ってないわけではないのに、なぜ執着するのかは理由があって。実は1曲だけこれにしか入ってないものがあった …はずなんだ(^^;)ゞ 未収録モノではなく、バージョン違いだったと思う。それでCDが欲しくて探したんだけど…。それを知ったのが発売からだいぶたってからだったからなー。でもまさか絶版とは。数量限定だったのかな?

そのために貴重な音源と化してしまったテープをね、CDにおとしてもらった!!ええ時代になりましたなー。(←?) 元の音源がカセットテープだから音質はあまり期待してなかったんだけど、これがなかなか良い。
私がよく邪魔をしに行く地域FM局のオトモダチが、局の『それなりの機材(本人の弁)』でやってくれたおかげだ。それなりってことはきっとステキ機材なんだよ。個人所有の機械とかも混ざってそう。さすが機械ダイスキ人間!!(ほめてるつもりなんだよぅ) いやぁ嬉しいよ。うれすぃーよ。これでもう音質の劣化に怯えながら、出し惜しみならぬ“聴き惜しみ”しなくていいんだ。

a0088238_4354368.jpg90分テープにダビングしてあったので、多分CD1枚には入らないだろうと予想して2枚持って行った。出来上がった2枚が、“A面”・“B面”と分けられていたのが面白かった。そうっすよね、カセットテープですからね。片面ずつ入れてくれたのね。懐かしい感覚だ。

[PR]
by kahvi | 2006-10-02 23:56 | 好きなコトの話

日本は?!

ここ数日 IL DIVO の公式サイトを覗いてなかったことを思い出し、久し振りに見てみたら新しいDVDが発売になるという情報がアップされているではありませんかっ!!

発売は12月4日!
でも気になるのが、リリース情報の中に globally とは書かれていなかった事。まさかUKだけとかいうオチですか?!日本は?!ねぇ!日本はどうなの?!
“Mama”のメイキング映像つきDVDがUK限定だったみたいに、また…?!というイヤな予感が頭をよぎる。ウチのDVDプレーヤーが全リージョン対応だったら迷わず買うのに。UK限定でもいいから、せめてディスクをリージョンフリーにして発売してくださいヨ!(`з´)

ちなみに今回は“ENCORE”みたいに、たったの5曲なんてケチケチしたものではないようでございますよ。セットリストによると…
Regresa A Mi
Solo Otra Vez
Passerà
Isabel
Nella Fantasia
Rejoice
Pour Que Tu M'aimes Encore
I Believe In You
Senza Catene
Everytime I Look At You
Si Tú Me Amas
Feelings
Mama
Somewhere
Heroe
A Mi Manera
全16曲!!しかもアルバム未収録(だよね?)の Somewhere が入ってる♪
観たい観たい!早く観た~い!!

そういえば最近ネットで“ Nella Fantasia ”をアカペラで歌う映像を観た。もとの音質も良くなかったし、ウチのPCのスピーカー性能も悪いけど、すごく良かったナ~♥ 低血圧気味のワタシでも血圧が上昇しそうだった(笑)
[PR]
by kahvi | 2006-09-23 02:57 | 好きなコトの話

来日詳細。

Il Divo の来年の来日公演の詳細が少し発表になった。

’07.1.29(mon)・30(tue) 東京国際フォーラム
’07.2.1(thu) 大阪フェスティバルホール

平日開催だとは思わなかったな~。私は嬉しいけど。
それにしてもたったの3公演。しかも3000~5000人のキャパ。東京国際フォーラムの一番大きいホールが約5000人収容らしい(照明のお仕事をやってるヒトから聞いた)。まさかそれより小さいホールでってことはないよね…。
ニュースにも書いてあったけど、プラチナ化必至?!でもコンサートにしても芝居にしても、小さいホールの方が好き。だってやっぱりステージまでの距離とかね。
2日間とも観たいなぁ。チケットが取れればの話しだけど。
場所が東京駅のスグ側…横浜の従兄弟の家に泊まろうかと企んでたけど、出てくるのに不便だな。宿泊費も考えなきゃならないか(==;)ムゥ

サンスポの記事

とりあえず日程がわかったから、飛行機の早割りチケットを取るのを忘れないようにしなくちゃ。AIR DOで行けばいつも安いけど、以前はじめてAIR DOに乗った時に、やっぱりANAがいいなぁと思ってしまった。決して悪くはなかったけど、あの機体の小ささが不安…。
だって新千歳(札幌)⇔羽田(東京)といえば日本一の旅客数を誇る路線でございますよ。(最近知ったくせにエラそうに…) だから臨時便などでもない限り、いつ乗ってもジャンボ機だと勝手に思い込んでたわけ。でもAIR DOはやはり小さかった。
小さい飛行機は苦手なのだ!

話がそれた。
まずはチケット!チケット取らなくちゃ!!

11/27発売の3rdアルバム≪Siempre≫も楽しみだー♪
[PR]
by kahvi | 2006-09-11 17:47 | 好きなコトの話