好きなモノにはまっしぐらな妄想族の独り言。以前使っていたブログIDをうっかり削除してしまった為、2代目。(そちらにコメント下さっていた方々ゴメンナサイ)
by kahvi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
その日の出来事
好きなコトの話
美味しいものの話
語学の話
美容・健康の話
妊娠・出産の話
お弁当の話。
どうでもいい話
お仕事の話
その他諸々
未分類
タグ
(86)
(61)
(47)
(47)
(45)
(41)
(40)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
以前の記事
2011年 03月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
more...
検索
最新のトラックバック
本日のデート 〜〜 レス..
from ぽれぽれ2号館
ご案内 3
from 空色のきもち
ご案内 3
from 空色のきもち
たまには野球ネタでも・・..
from ぽれぽれ2号館
LINK
フォロー中のブログ
Tamas blog
Kippis!
ダメニンゲンのヒトリゴト
魚屋三代目日記
Kippis! from...
ぽれぽれ弁当館
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:イタリア料理 ( 22 ) タグの人気記事

95。

月曜日の夜。
ひさしぶりに少しだけ贅沢な夕食に出掛けた。

普段よく通る場所にあるので、かなり前から気になっていた。
よく目立つかわいい外観のイタリア料理店、Dal Segno
店内の造りやインテリアもなかなかかわいい。

コースは「ちょっと特別な日なら…」という感じのお値段だったので、一般庶民は好きなものだけ単品で注文することに。

自家製スモークチキンの入ったサラダは、オリーブオイルとレモンの風味が効いたドレッシングがさっぱりしていて美味しかった。野菜もシャキシャキで満足。

他に
フレッシュトマトがのったピッツァマルゲリータ
(生地が極薄カリカリで私好み♪)

ズワイガニとキャベツのタリオリーニ
(たっぷりのカニ身と大きなニンニクが入っていて、手打ち麺のパスタは歯ごたえが良かった)

真鯛のカリカリ焼きソテー
(身が分厚くて魚好きにはたまらない。ぱりぱりの焼き目がついた皮と、バルサミコ酢で和えた野菜の添え物も良かった)

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
(ナイフ不要のトロトロさ。赤ワインの風味がすごくてオトナ味)

などを貪ってまいりました。
ただし車で行ったので、ワインをお供に楽しむことは出来なかった。
若干テーブルサービスが「…」な感じだったけれど料理は美味なお店でした。

満腹だったけれど、私の目は当然のごとくドルチェのメニューに。
メニューの黒板には大好物のティラミス、カタラーナ、パンナコッタ…
定番のドルチェ他にも様々な誘惑たちが名を連ねている。

それには気付かずに、そろそろ帰ろうかという素振りを見せる羊さん。わざとらしくテーブルクロスの上でいじいじしてみると、何も言っていないのに「だめ」と言われた。

「まだ何も言ってないじゃん」
「ダメ!いっぱい食べたでしょ」

「ティラミス…」
「めっ!」

親子の会話か!?

私の体調のことを考えて言ってくれているのはわかっているつもりなんだけど…せっかくこういう食事をしに来て、デザートを味わわずに帰るなんて、そんなのナ~ンセンスでございますわ。
しかもティラミスが私の大好物だと知っていながら!
カタラーナが何かを私に説明させておきながら!
嗚呼なんたる!な~んたる!なんたる事でしょう!!

まるで最後の1ピースを失くしたジグソーパズル。
ピーチ姫が自力で脱出したというオチのスーパーマリオ。
赤くない赤飯。

なんてかなり粘ったけれど、結局ドルチェにはありつけず。

そんなわけで満足度95パーセント。
ちぇっ。
[PR]
by kahvi | 2008-03-26 22:21 | 美味しいものの話

野菜讃歌。

昨日久し振りに開催された、会社の後輩との“美味しいものを漁る会”。

ディナータイムだと普段はチョッピリ敷居の高い人気イタリア料理店のランチを食べに行った。そこで食べたパスタがすご~~~~く美味しかった。ソースとパスタの種類(4~5種類)を自分の好みで組み合わせられるのも楽しい。
後輩はタリアテッレ tagliatelle (平打ち麺)に和牛のボロネーゼソース boronese という組み合わせで注文。このソースが濃厚で激ウマで…じゅる。
私が頼んだのはバベッティーニ bavettini (細い平打ち麺)に、夏野菜のカポナータ caponata 風ソースの組み合わせ。カペリーニ capellini (細い麺)で食べたかったというコトを除けば、私のツボをつきまくり。美味しいったらなかった。

カポナータ caponata はイタリア料理の定番で、前菜なんかに出される事が多いかも。もともとはシチリア地方の名物料理だったような。フランス料理のラタトゥイユとほぼ一緒(というか同じ?)。水を加えずに野菜から出る水分で煮込むので、野菜の旨味がぎゅ~~~~~~っと凝縮された、野菜好き(⇒自分)にはたまらない料理なのだす。

これを食べたら、自分でも作りたくなってきた。
なんたって夏野菜が美味しい季節でございますからな♪

でも一つ問題発生。

野菜は好きさ。大好きさ。これは疑いようもない。

だけど…ナスは嫌いだ。

しつこいようだけれども、カポナータは野菜から出る水分で煮込む料理だ。ナスはその貴重な水分を供給する役割の野菜たちの中でも重要なポジションにいるわけだ。どんなレシピを見たってナスは材料としてリストアップされていると思われるほど、きっとナスは定番だ。

でも…ナスは嫌いなんだってば。

水分はトマトに頑張ってもらうコトにして、あっさりナスを却下。
(なんて言っているけど最初からナスを入れるつもりなんぞ毛頭ない)

結局、材料は玉ネギ・黄ピーマン・赤ピーマン・人参・ズッキーニ・セロリ・トマトに落ち着く。あとはオリーブオイルと赤ワインビネガーとニンニクと塩があればOK。ローレルの葉を入れたりするヒトもいるみたいだけど、全然いらないっす。

a0088238_2331140.jpg潰す(or 細かいみじん切り)のニンニクをオリーブオイルで炒めて、そこへ乱切りにした野菜を加えて塩をふり、中火で油がなじんでくるまで炒める。たぶん10分くらい。
火を止めて、蓋をして30分くらい放置する。(私のおやつタイムじゃございませんわヨ!)
また火を点ける。この時に赤ワインビネガーを振り入れる。バルサミコ酢や白ワインビネガーを使うレシピもあるみたいだけど、私は赤ワインビネガー派。酸味をとばしながら強火で炒めて、塩で調味。

a0088238_23312286.jpgこれだけ。
これだけなのに、ものすごく美味しい。
温かくても、冷たくても両方いける。スバラシイ。

実は…セロリも嫌いだった。
自分でセロリを買うなんて今回が生まれて初めて。

正直言えば、今でもけっして好んで食べたいものではない。
でもこれに入っているセロリならば食べられる!
どうだ!
セロリを克服してやったぞ!!

あれ。なに?この 「…(-_-)」 的な空気。
オトナになってから嫌いなものを克服するのって案外タイヘンだったりするじゃん。今回は敢えて…それも自らセロリを入れたんだよ。(ナスは却下したけど) エライぞ自分。

あ~野菜最高♥♥

ナスと椎茸(及びキノコ)以外。
[PR]
by kahvi | 2007-07-23 23:45 | 美味しいものの話

再現?

以前トルコ料理店で食べたレンズ豆のスープが独特の味で美味しかったなぁ…なんて思いながら、残っていたレンズ豆を眺めていた。
ムクムクと出てくる実験心。
あれを食べたのが約3ヶ月前。衰退の一途を辿る脳ミソから若干薄れ気味の記憶を引っ張り出し、思い出しながら真似して作ってみた。

■ レンズ豆
■ 玉ネギ(みじん切り)
■ ベイリーフ
■ オレガノ・セージ・タイム
■ イタリアンパセリ(みじん切り)
■ ブイヨン
■ オリーブオイル
■ 水
■ 塩

いつものコトだけど分量に関するツッコミは禁止♥

オリーブオイルで玉ネギとベイリーフを炒める

火が通ったら水を入れて煮立たせる&ブイヨンを入れる
(味が物足りなければコンソメを足してもOK)

レンズ豆を加える

オレガノ他(微量)を加えて煮込む

塩で調味

食べる直前にイタリアンパセリを散らす

a0088238_11331915.jpgお店ではさらにひよこ豆を入れていたけれど、きらしていたのでジャガイモを小さめにカットして入れてみた。
うん、うまい。(自画自賛) 豆サイコー。
案外、近い味に出来たかもだけど、もうチョット香辛料の味が強かったなぁ…といろいろハーブを思い浮かべてみる。「何を使ってるんですか?」と今すぐにでも店に行って訊いてみたい気分だ。気になる。

ところで昨日はセレブの街(笑)・円山で美味しいイタリアンを食べてきた。
しかも贅沢にコースで♪

最初は友人が行きつけにしているという店へ行く予定だったけれど、日曜の夜は早く閉まってしまうために時間が間に合わず、お互い初めて行くお店へ行ってみようということになった。いろいろ探して見つけたのが、今まで名前とウワサは聞いたことがあったけれど、近くを通るのも初めてというお店。

ここがまたすごく美味しかった!
最近ムダに舌が肥えてしまっている私だけど、本当に美味しかった。
どの料理も野菜がタップリ。付けあわせにもいろいろ野菜が盛られていて、野菜好きには嬉しいったらない。しかも野菜自体も美味しいし、茹で方が絶妙ときた。
たしか“季節のコース”と名のいうコースで、パスタ以外は黒板メニューに載っていた料理のようだったので、時季やその日で変わるものなんだろうね。“季節の…”だし。
そしてすごいボリュームだった。

まず何が驚くって…

前菜が冷・温・野菜と、1皿ずつ3種類出てくる。
ちなみに昨日のメニューは
【冷】釣りアジとリコッタチーズで和えた野菜
【温】穴子のフリット
【野菜】ズワイガニのシーザーサラダ
これらがそれぞれ結構な量で出てくる。前菜だけでかるく満たされるイキオイ。

自家製パン、パスタ(レギュラーメニューの中から選べる)と出て…メインがお魚とお肉、両方とも出てくる。これは自分史上、初めてのシステムでございますぜ。
で、さらにドルチェ、最後にコーヒー。

かなりお腹一杯だったけれど、基本的に料理を残すというのがイヤなので根性で完食。でもドルチェのメインがココナッツのパンナコッタだったので、その時はモチロン満腹を忘れてウキウキで食べた。

お店もオシャレで雰囲気が良かったし、接客(これも私の基準はかなりキビシイ)もスマートでステキだったので、お気に入りになりそうだ。
ただ…お高めのお店なのであまり行けないでしょうけれどもさ。

円山あんちょび
[PR]
by kahvi | 2007-06-25 12:01 | 美味しいものの話

うまけりゃいーんだ。

順調に成長を続ける、ベランダの住人(ハーブ)。
今日はついにロケット(ルッコラ)を摘んでみた。

まぁ次から次へと新しい葉が伸びておりましたわ。サスガ雑草おそるべし。

ロケットを食べるなら、やっぱりシンプルにオリーブオイルで食べたい♪
Ex.バージンのオリーブオイルで和えて、塩と胡椒をふって、赤ワインビネガーを少々…えーと…赤ワインビネガーを…あれ?ないなぁ。
じゃあ白ワインビネガーにすっか。白ワインビネガー、白ワインビネガー…っと。


白ワインビネガーもなかった…orz

まぁ要は酢の“酸味”が欲しいだけなわけで。

米酢投入。
いーんだよ、結果的にうまけりゃ。なんだって。

a0088238_20244093.jpgカットしたトマトと一緒にチョット気取って盛り付けてみちゃったりなんかして。
まぁなんてイタリアン♪(米酢だけどな)
まぁなんて涼しげ♪(今日は肌寒いけどな)
それにしても摘んできてから約3分。この新鮮さがたまりませぬ。格別な美味しさって感じ。
サイコ~(´▽`)♥

a0088238_20505938.jpgなんちゃってイタリアンなサラダと、お気に入りのパン屋さんで買ってきたカボチャのベーグルにクリームチーズを塗ったくって食べる西洋かぶれチックなワタクシ。
しまった、飾りでついてたカボチャの種をむしり取って食べちゃう前に写メしておけばよかったずら!ただの喰い散らかし写真になっちまった。

こんな私だけど、やっぱりお米に最上級の愛を注いじゃうっす。
細胞が米を求めてやまないっすから。
これはもう遺伝子レベルの恋っす。(意味不明)

さ、米でも炊くか。
[PR]
by kahvi | 2007-06-18 20:58 | 美味しいものの話

CUCINA。

a0088238_22393968.jpg昨日のドライドトマトが出来た♥
少し長めにオーブンで加熱してから出して、一晩放置してからセミドライドのままオリーブオイルに漬け込んで…梅干し?!みたいだ。
何に使おうか。ペペロンチーノがいいかな?それとも…
あ~楽しみだ。

近頃、各所にてお互いの影響を受けまくり。親友ブログ(笑)でUPされてた、じゃがいもニョッキの話題を読んでいたら久し振りに作りたくなってウズウズ。

a0088238_22461610.jpgいつもレシピを訊かれても分量を答えられない作り方をしていることを反省し(?)、どれだけ使ったかの量がわかるように作ってみた。実は少し前にキッチンスケールを買ったのだよ。フフフ…(必要性に気づくのが遅い)
いつもよく行くスーパーで安さとデザインに惹かれて買ってきた、お子チャマ的なニオイのスケール。ぞうさんがついてるの~♪(笑) オマエいくつよ?!というツッコミはご勘弁下さい。小さなケースに収納できちゃうスグレモノでもあるのです。ステキ。

さて。
今回はスタンダードに男爵イモでニョッキ作り。冷凍ストックすることも考えて、買ってきた一袋分を思い切って使いきり。ワーオ!豪快だね♥
3回目にしてようやく分量つきのニョッキのレシピを公開。おまたせ~♪(笑)

Gnocchi di patata
■じゃがいも(男爵) patata ・・・500g
■薄力粉 farina ・・・95g
■卵黄 tuorlo ・・・2個分
■塩 sale ・・・少々
■ナツメグ noce moscata ・・・少々

a0088238_2258016.jpgまずはじゃがいもを皮付きのまま茹でる or レンチン♪で加熱して、熱いうちに皮をむいて裏ごし。
裏ごしは超めんどいけど、ニョッキの美味しい食感は裏ごしと小麦粉の量がポイントっす。たぶんね(笑) 裏ごししたじゃがいもに卵黄・小麦粉・塩・ナツメグを加えて、混ぜる、混ぜる、混ぜる。爪の間にじゃがいもが詰まろうとも混ぜる。ひたすら混ぜる。 ※小麦粉は一度に全部入れてしまわずに、生地の様子をみながら加えるのがよいかと。粉が少ないほど美味しいので、生地をまとめられる程度になればよし。じゃがいもの品種によっても必要な量は違いまする。
a0088238_2381234.jpgまな板等に分量外の打ち粉をして生地をまとめる。以前にも書いたけど、打ち粉に上新粉を使うとモチモチに♪
丸めて、伸ばして…好きな大きさに切っちゃってくださいな。フォークに圧しつけて筋をつけるとソースがからみやすく、よりニョッキっぽい仕上がりになるけど、小さいものならそんなんしなくても美味しいので、切ったままのカタチでも大丈夫。だって面倒だしね。今回は小さめの一口サイズに切って、そのまま茹でた。パスタを茹でる時と同様に塩を加えた熱湯で茹で、浮き上がってきてから1分くらいでもうOK。すぐ茹で上がるので、その前にソースを用意しておくのを忘れずに!
a0088238_23132660.jpg出来上がりー♪
チーズ&生クリームのソースにしようと思っていたけど、この前 Peperoncino nanciatte ペペロンチーノ・ナンチャッテを作った時に開けたトマト缶が残っていたので、トマトクリームにしてみた。リコッタチーズと一緒に食べたかったな。
出来立てアツアツのうちにお召し上がりくださいませー。
ちなみにニョッキは焼いたり揚げたりしても美味ですぞ♪


a0088238_23205955.jpgところで、オカンが送りつけてきた“コンニャクのタラコ和え”って、日本全国定番のオカズかと思いきや、そうではなかったようで。知らなかった…。生タラコって高いから、しょっちゅう食べれはしないけど大好物。リクエストがあったので我が家レシピを公開。
つきこんにゃくをカラカラになるまで炒める。水分がとんだら少し油を入れて、生タラコを皮付きのまま(皮に切れ目を入れておく)を入れて炒める。その後、皮を取り除く。酒を少し振りいれて、砂糖、醤油で味付けて出来上がり。タカの爪をいれてピリ辛にしても美味。出来上がったものに一味をかけて食べてもいいし。
酒の肴にいかがっすか?⇒Mさん?(笑)

cucina クチーナ = 料理(伊)
[PR]
by kahvi | 2007-02-28 22:02 | 美味しいものの話

COCINA。

久し振りにきちんと家で料理をする生活をしたせいか(“きちんと”かどうかはアヤシイが)、なんだか『料理したい』モードに突入中。

先日は最近私がよくお邪魔しに行っているフィンランドネタ満載の素敵ブログで紹介されていたサーモンの料理に挑戦してみたり。サーモンをディルと塩で味付けたもので、簡単だわ美味しいわでハマってしまいそう。クリームチーズとの相性がバツグン。チーズと相性のいい料理は大歓迎♪

今日は今日でドライドトマト作りに挑戦中。
a0088238_3284128.jpgバイト先で「日本でサンドライドトマトを買おうとすると輸入物の高いのしかねぇ!」と悪態ついたら、店長が家で作れる方法を教えてくれた。
小振りのトマトに塩をふって、水分がたまらないように焼き網などに乗せてオーブン(100~110℃)で30~40分加熱する。するとセミドライドトマトの状態のものが出来る。それを風通しの良い所に放置しておけば完全に乾燥されたドライドトマトに。
長期保存に向くのはドライドだけど、セミドライドのものをオリーブオイルに漬けておけば、使いたい時に水で戻す手間もなくスグ使えて便利。

オーブンが忙しそうに働く傍らで、私はパンナコッタ作り。豆乳ときなこで作る和風パンナコッタだす。何故に和風なのかは、これに黒蜜か餡子をのっけて食べたいというだけの理由なのだす。ぬはははは。 (…ぬははははって…(ーー;) 自分でビックリしたわ)
初めて作るものってワクワクするだすな。
それにしてもお菓子作りまでし始めちゃうあたり、私の『料理したい』熱は相当重症だと思われる。どうしちゃったのよ?!ヨメに行く予定(アテともいう)もありゃしねーくせに。

私のことだからいつまで続くのやら…だけど。

ところでコレ↓美味しそうじゃありませんこと?
a0088238_256550.jpg道場六三郎の五穀ぜんざい:ココナッツソース添え
「なにコレ?!」と目にとまったと同時に手にとっていましたわ。…もしや『料理したい』というよりも『食べたい』なのか?食欲爆発中?!そんなオソロシイ発作(?)は勘弁してくれろ~( ̄□ ̄;)
ちなみに一緒にご出演願ったのは、シドニーで無料配布されていたポストカードで、ネスレのインスタントコーヒー・エスプレッソ(日本未発売)の宣伝のもの。このオッサンお兄さんがいい味出していてお気に入り。ずっとドアに貼られているせいで変色し始めているのが悩み。

オカンから送られてきた切り餅をこのぜんざいに入れて食べたら美味しかろう♥
…そうだ、切り餅といえば。
この前オカンに出汁用の昆布をおすそわけしてもらおうと「送ってたもれ~」と頼んだら、何故か大量の切り餅とともに送られてきた。オカンという生き物はまったく…(==;) 送ってくれる気持ちはありがたいが、「一人暮らしの量というものを考えてくれ」といったい何度言えば学んでくれるんだろうか。
さらにオトウが入れたという大量のお菓子。ヤツは私のツボを知っているだけに危険物ばかり入っていた。干し芋、豆の小袋アソート、きなこねじり…ババくさいな(笑)
その中に私のダイスキな、遠軽町・西の南部せんべいが入っていた。いやー嬉しい。西種苗店(今は名前が違うのかな?)という種苗のお店が何故か作っていた南部せんべい。普通に生花とか売られている横で買う光景がオモシロかったな。これがまた美味しくて。今じゃすっかり有名になって“製菓部”なんてのがあるようだ。

そして謎のタッパには何故かきんぴらごぼうとコンニャクのたらこ和えが入っていた。ワーイごはんの友だー♥ …って、普通きんぴらごぼうをゆうパックで送るか?!

とりあえず、ひもじい思いをすることはなさそうデス…

cocina コスィーナ = 料理(スペイン語)
[PR]
by kahvi | 2007-02-27 23:59 | 美味しいものの話

ママの味。

“ママの味”と聞くと、ミ○キーよりも最初に浮かぶものがある。
英会話学校で働いていた当時、仲良しだったカナダ人講師のお母さんから教わったお菓子。

彼女がまだ日本で働いていた時にご両親が来日して、その時に職場の皆に差し入れてくれたのがママ手作りの≪Rice Krispie Squares≫。小さい頃によく作ってくれたオヤツの中でコレが一番のお気に入りだったという彼女が、お母さんにリクエストして作ってもらったものを持ってきてくれた。
要は“ Rice Krispie ”というお米のシリアル(商品名ゆえに crisp ではなく krisp )をマシュマロで固めただけのお手軽オヤツなんだけど、これがまた美味しくて。

a0088238_1449342.jpgどうやって作るのか聞いたら、『ママはもうカナダに帰ったから、メールでレシピを送ってもらうね』と後日、細かくメモして持ってきてくれた。
←これがそのレシピ。今も大事にとってある。
このレシピメモを持ってきてくれた時、彼女が日本で Rice Krispie が売られていないことを心配していた。チョコ版のRice Krispie はあるのにね。(チョコので作っても美味しいけど少しクドイ) 輸入食品を扱っている店にでも行って探してみるか~なんて思っていたけれど、さすがは米が主食の国・日本。我が国には“どん”ってものがありましたわ。その存在を思い出し、『同じだよな』と勝手に決め付けてスーパーで買った“どん”で作ってみたら大成功。彼女にも「ママのと変わらない」とお墨付きをいただいた。すっかりとハマって、しばらく作り続けてたっけなぁ…。

a0088238_14495355.jpg最近これを思い出して、バレンタイン配布用に作ってみた。ちっともチョコじゃないけど。そして義理のみだけど。
これ作るの久し振りだ~。マシュマロのいい匂いが部屋中に充満してくると、なんだか幸せな気分になる。どうしてかはわからないけど。
普通のコーンフレーク等のシリアルをマシュマロで固めても美味しい。(そういうお菓子なかったっけ?) でも“どん”をマシュマロで固めようなんていうヤツは私くらいか?(笑)

a0088238_14501026.jpg完全に冷えて固まったところで型から外して、食べやすい大きさに切れば≪Rice Krispie Squares≫の完成。材料のマシュマロをつまみ食いしたせいで微妙に量が足りず、チョット崩れやすくなっちゃったけど久し振りに作ったにしては上出来。(そもそも簡単なお菓子だしね)
切りながら崩れてしまった部分は自分で食べて…と。(笑)

バイト先には、勝手に“バレンタイン・イブ”と称して今日(13日)持って行った。店長には最後までおこし呼ばわりされたけど、皆「うまい」と言って結構な量を食べてくれた。店長が作り方を聞いてきたくらいだから、きっと成功だったんだよね?(ニヤリ)

“どん”がわからない方はコチラをご覧あれ。

そういえば昨夜ボード帰りに食事をした、店長の友人の店での話に続きがあって。(今日になってから聞かされたんだけど)
そのお店で食べた“ピレネー産ビゴール豚”(初めて食べた)がすごく美味しかった。出された時に「肩ロースとロース、2種類食べてみて」と2種類盛って出してくれて。通常は1種類しか出してないようだったので、私たちはそのサービスに感謝して食べたんだけど…実はそれだけじゃなかった。その料理の通常のお値段、2,000円。そして…ビゴール豚の仕入れ原価2,000円(!)。つまり、2種類それもたぶん多めの量を出してきてくれたというコトは…もし同じものを客に出すとしたならきっと一皿4000~5000円以上(予想)には確実になるわけで…(汗)
ひぃぃーーーーっ!!高けぇぇーーーーっ!!!!
なのにデザート(一口ずつ7種類くらい盛り合わせてくれた)や食後のコーヒーまでサービスしていただいちゃって…(大汗) あぁ…すいませんすいません。

カタラーナ katarana (簡単に言うとカスタードプリンを冷凍して固め、表面のカラメル部分をバーナーで焼いてカリカリに仕上げたもの:店長談)も初めて食べた。美味しかったなぁ~。イタリアでは定番のドルチェなんだとか。勉強不足ですまそ。空心菜とサンドライドトマト入りのペペロンチーノも最高でした。それにしてもイベリコといい、ビゴールといい…スペイン産の豚ちゃんは、何故にあんなに美味しいのか。

こんな分不相応の食生活をしていていいのだろうか…
あ、でも今日の賄いはナメコ(嫌い)の味噌汁とかだったよ~(笑)
[PR]
by kahvi | 2007-02-14 01:51 | 美味しいものの話

ご機嫌。

バイト先のヒトたちとボードに行ってきた。
昨日から降り続いていた雪のおかげで、ゲレンデはさぞかしフワフワ♥であろうと膨らむ期待。…が、降り過ぎ。明らかに降り過ぎ。だって山は吹雪だったもん。
幸いにも風はそんなに強くなかったのでリフトもゴンドラも動いていたけど、本当にすんごい雪だった。視界が悪いったらない。

少し前まで暖かい日が続いたりしたせいで、ところどころアイスバーンの斜面もあったけど…期待した通り新雪でメチャ嬉かった♪睡眠不足のせいで何度も車やゴンドラの中で沈没しかけたけどご機嫌で満喫してきた。
(さすがに山頂で-12~15℃はへこたれそうだったなぁ)

一緒に行ったメンバーの中に、スノーボードのチューンなどを仕事にしているヒトがいて。そのヒトが私のボードのスタンスが合ってないんじゃないかといって調整してくれた。
よくボードに行っていた頃(若かりし頃)よりも下手になっているのは長いブランクのせいだと思っていたんだけど、どうやらスタンスが合っていなかったのが一番の原因みたい。最初は急に感覚が変わって戸惑ったけど、すぐに慣れて滑りやすくなったコトにビックリ。感謝、感謝♪
ボードに詳しい分、私の板の古さを見破られて「いまや骨董品だぞソレは」と大笑いされたけどね。悔しいけど本当のコトなので言い返せない…(==;)

その帰り、バイト先の店長の友人がやっているという店で夜ご飯を食べた。欧風(イタリアン寄り?)創作料理のこじんまりとした一軒家のレストラン。(ボード帰りの格好でゴメンナサイと言いたくなった) 出てくるのはちょっぴり気取った感じ(つまり料理の量が少なめ)の、オシャレに盛り付けられた料理たち。
出された途端、あっという間にペロリと瞬殺されてしまう(笑)
店長が一言。
「この店に来るには、メンバーが失敗だった」
失礼だな(笑)
今日は朝マックして以来、何も食べずにいたからお腹ペコリーノだったんだもん。(得意の言い訳) いろいろサービスしていただいて、有難く、そして美味しく平らげてまいりました!
店長、ゴチでーす♥

…せっかく「運動」してきたのに意味なかったね(笑)
[PR]
by kahvi | 2007-02-13 01:15 | その日の出来事

私って…

実は健康オタク??

通販によくあるダイエット器具だとか、そういうものには興味が沸かないけど、健康に良さそうな食品&飲料には弱いと気づいた。

牛乳やヨーグルト、チーズの類は昔っから好きで、人並み以上の量を摂っていると思う。
親が送りつけてきた青汁(苦くないヤツ)も、しぶしぶながらも飲んだし。
なにかしらのサプリメントを飲んでいるし。

特に肌に良さげなものには弱い。

近所のスーパーに、“酢”…それも普通の酢ではなく黒酢とかの健康モノばかりを集めたコーナーがあって、興味はひかれていたんだけど高いからいつも素通りしていた。
そこでたまたま目に入った“蜂蜜柚子”というキーワード。ハチミツと柚子?!なんてツボだらけなんでしょう。見てみると定価で800円以上もするものが500円チョットに値下げされていた。
a0088238_1483148.jpgそれでもだいぶ迷う値段だったけど、買ってしまった。
≪ゆずの香りとクエン酸でリフレッシュしよう : さわやかな朝の目覚めと健康的な食卓を応援する飲料です…≫なんてコトが書かれていた。“おめざ”の一杯に良いらしいので『明日の寝起きに試してみよう…』なんて思いつつ、寝起きは廃人状態なので忘れてしまっていて、いまだに試していない。(笑) 明日こそ…!!ちなみに一緒に写っているのは最近何故か以前よりも飲むようになった豆乳。

なんなんだ?この健康オタクっぷりは。
その前に不規則な食生活を正せばいいのに。

そういえば今日(もう昨日か…)は天気が悪かったせいかバイト先の店がヒマで、いつもより早く閉めた。店長と、もう一人のホールの女の子と私の3人で“お疲れちゃん乾杯”をして帰るのが恒例になっているこの頃。今日はいつもより時間があってお酒がすすみ…(早く帰れ。笑) 生ハムをつまみ食いしている間に「お腹が減った」と言い出し、店長がピザを焼いてくれた。
「なんのピザがいい?」というので「チーズ!チーズ!!」とせがみ、作ってくれたのは白カビのウォッシュチーズとゴルゴンゾーラチーズのピザ。なんとハチミツ入り!!ゴルゴンゾーラとハチミツは相性いいんだって。クリームチーズにハチミツをかけたりはするけど、ゴルゴンゾーラは思いつかなかったなぁ。食べてみると、ゴルゴンゾーラとウォッシュの塩味が、ほんのり甘いハチミツとなんとも好相性。美味しかったなぁ♥

美味しかったのはいいけど、こんなコトしてるうちは健康飲料も効果なんてありゃしないわな。でもね…実は血液サラッサラなのがひそかな自慢なのさ~♪へへへ~♪
[PR]
by kahvi | 2007-02-08 02:32 | 美容・健康の話

大吉。

会社の後輩と夜勤明けで初詣(こんな日にちになっても初詣と言い張る)のため北海道神宮へ。ついでにセレブな地区・円山でランチをしてこようという野望計画とともに。なぜ北海道神宮にこだわるのかはコチラ

先に円山のTAVERNA MEZZALUNA (タベルナ・メッツァルーナ)というイタリア料理店でランチ。この店は以前、私のバイト先のイタリア料理店で一緒に働いていたS氏がランチだけ働いていたという店。その前からも赤で統一された目立つ外観とテラス席がかわいくて気になっていたんだけど、S氏の太鼓判をいただいていたので行ってみた。

ランチメニューの“パスタランチ(¥1,365)”を選択。
前菜(じゃがいも入りのスパニッシュオムレツみたいなもの)、サラダ(リーフサラダ)、自家製パン(チーズ味でモチモチだった)、パスタ(3種類から選ぶ。私が選んだのは海老と小松菜のトマトクリームスパゲティ)、ドルチェ…という値段のわりにボリュームたっぷり。しかもドリンク付き。美味しかったな~♪
座った席の目の前にあった窯でピッツァを焼いていたのを見て、ピッツァランチも気になった。また今度行ってみようっと。

すっかりお腹一杯になってから、ようやく神宮へ。
おみくじで大吉を引き当てた。コワイ…どうなってんの自分。
先日のお買い物券当選に引き続き、今までにない幸運の続きよう。大丈夫なの?と不安になってしまう。そのおみくじには、こんなことが書かれていた。

ときくれば 枯木とみえし やまかげのさくらも 花のさき においつゝ
初めは冬の枯木の葉おちて 花もなく 淋しく此末如何なろうかと気遣うも 其内に春となって 花さく如く 末よき運なり 何事も慎め 退屈せず時をまてば必ずよし

なんで最近の私の心情を知っているんだ?!(笑)
この頃すっかり私の“慰めソング”になってしまっている、IL DIVO の Come Primavera の歌詞みたいな内容だ。偶然とはいえ、なんだか嬉しくなる。
冬は終わりそうだよ 痛みもとけていくだろう 雪のように
もっと穏やかな人生が戻ってくる
そして春のようにまた花は咲く
(抜粋)

でも大吉というわりに、その他はあまり良いコト書かれてなかった。
願望:初めは思わしくないが後は必ずよし (これはいいとして)
縁談:初め手間取りて思わしからず後は叶う (これもまぁいいとしよう)
失物:出にくい 人に渡る (最近、手袋を失くしたんだよな)
旅行:利少く帰途に注意 (東京行きを控えてるってのに)
商売:あせっては損する (商売はしないけども)
転居:さわがぬがよし (意味がわかりません) …etc

つまり今年前半はダメっていうコトですかい?
じゃあ最近続いているこの幸運はいったい…
ますます不安。
[PR]
by kahvi | 2007-01-20 01:01 | その日の出来事