好きなモノにはまっしぐらな妄想族の独り言。以前使っていたブログIDをうっかり削除してしまった為、2代目。(そちらにコメント下さっていた方々ゴメンナサイ)
by kahvi
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
その日の出来事
好きなコトの話
美味しいものの話
語学の話
美容・健康の話
妊娠・出産の話
お弁当の話。
どうでもいい話
お仕事の話
その他諸々
未分類
タグ
(86)
(61)
(47)
(47)
(45)
(41)
(40)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
以前の記事
2011年 03月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
more...
検索
最新のトラックバック
本日のデート 〜〜 レス..
from ぽれぽれ2号館
ご案内 3
from 空色のきもち
ご案内 3
from 空色のきもち
たまには野球ネタでも・・..
from ぽれぽれ2号館
LINK
フォロー中のブログ
Tamas blog
Kippis!
ダメニンゲンのヒトリゴト
魚屋三代目日記
Kippis! from...
ぽれぽれ弁当館
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

低下。

もう随分と長い間アメリカで暮らしてる叔母がいる。
私の物心がつく頃には彼女は既にアメリカにいたので、両手で数えられる程の回数しか会ったことがないような気がする。

オーストラリアへ行く前、最初は叔母の家に住まわせてもらって語学学校に通うという節約留学をできないかと企んでいた。
…が、けっして治安が良いとはいえないミシガンに住む叔母。

「アンタ英語しゃべれるの?」

「しゃべれないから語学留学したいんじゃん」

「ここじゃ辞書ひいてる間に殺されるからヤメてちょうだい」

これで終わってしまった。
コレ、本当のハナシ。

同じ血が流れているとは思えないほど優秀な彼女は、大学で自身の研究室を持つ教授として多忙に過ごしているみたい。一時期は本当に世界中を飛び回っていたというからウラヤマシイ。
なので自分がほとんど家にいないからというのも理由だったらしい。今はもう退職しているダンナ様も大学教授で、同じように飛び回っていたし。

そんな彼女は、今じゃ日本語の方が自信ないなんていう状態。(ちゃんと話せてはいるけど、時々次の言葉が出てこなくて詰まる瞬間がカワイイ)
私が日本に帰ってきてからは「勉強がてら私にメールを送る時は英語で送りなさい」なんていう指令を出されていたので、つい連絡が途絶えがちになっていた(笑)

でも近頃ちょっと用があって連絡を取らなければならなかった。
電話で話せば早いけど、時差が大きいアメリカとではどうしてもメールになってしまう。うぅ面倒だなぁ…と思いつつPCを立ち上げる。

そもそも私の英語なんて、きちんと勉強したものではなく人との会話の中で耳で覚えてきた(盗んできた?)英語なので、文法も知らなければスペルだってアヤシイ。とにかく伝えたいコトを文章にするチカラが乏しいったらない。

久し振りに英語でアタマを悩ませた。
しまいには辞書まで引っ張り出してきた。
着実に英語レベルが低下しておりましたわい。

ダメダメだ…orz

イタ・スペ語に悩んでる場合じゃないわ。
[PR]
by kahvi | 2007-06-30 13:42 | 語学の話

イジワル。

本業(ホテル)へ出勤すると、ホテル宛てにこんなメールが届いていた。

要約すると…

「いつも利用させてもらってます○○といいます。
○/○~○/○まで予約したいのですが、○/○だけ空室がありません。
連泊したいので、なんとか都合つけてもらえないでしょうか?
それ以外の日はネットで予約済みです。
無理な依頼とは思ってますが…」

という感じの内容のメール。

なんとかしてあげようかという気持ちになるどころか、逆に腹立たしい気持ちになるのは単に私がイジワルだからなんだろうか?

だいいち、インターネット上で検索してみただけのくせに(空室が1室とかの状況でインターネットで受け付けているわけがないのデス)メールで「なんとかしてもらえないでしょうか?」なんて送りつけてくる、その態度が気に食わない。
(メールを見たのが“超ド級S”の私だったのが運のツキ:笑)
しかも『この人、今泊まってなかったっけ?』と思い、調べてみるとやっぱり滞在中の日時に受信している。なのにどうして内線するなり、フロントに来るなりしないのか?!
空室状況なんてその時によって変わるのに、なんでいつ読まれるかわからないメールなんかで問い合わせようとするのか?!その心理がわからない。

話が出来る口も耳も持っているくせに、なんでもメールで済まそうとする。
人と対話が出来ない。
インターネットやメールの普及とともに、こういう人種が増殖していて本当に嘆かわしい。

仮に空室があったとしてもメールで予約は受けていないので、

「あいにく現段階ではすべて満室でございます。
お役に立てず申し訳ございません」

丁重なお断りとともに、電話で連絡を下さいという内容を含めて返した。
それから空室状況は変わりやすいので電話での問い合わせが間違いないという事と、さりげなく「内線ででもお気軽にお問い合わせ下さいませ」とも入れてやった。

これは私がイジワルすぎるんだろうか?
手厳しすぎ??

まったくもって関係ないけど、オー・ザックのピリ辛餃子味がたいへん美味♪でもしょっぱ辛いので後からとっても水が欲しくなって困る…(×_×;)
[PR]
by kahvi | 2007-06-29 11:47 | お仕事の話

衝動。

時々、思い立ったら即行動に出ないと気が済まなくなってしまうコトがある。
基本形ナマケモノの私なので、普段は行動までは慎重な方だし、滅多にそういうことはないんだけれど。いったい何がそうさせるのかわからないけれど、よほど不可能なことでもない限り自分でもビックリする行動力で実行に移してしまう。

で、昨日もそのわけわからないパワーでキャラメルクリームを作った。

なんでキャラメルクリーム?
なにに使うの?
なぜそう思った?

すべて謎。自分でもわからない。
しかも今まで作った事もないのに。

「作ってみるか。うん、作ろう」
と思い立ってから、3秒後にはキッチンにいたという素早さ。

a0088238_2316423.jpgただでさえ暑いというのにキッチンでひたすら砂糖を煮詰める。ネットで見ていたレシピでは「少し焦げたくらいの方がビターに仕上がって美味しい」と書かれていたので、素直に従って、さらに煮詰める。
生クリームを加えた途端に湧き上がってくる砂糖にビビリながらまた煮詰める。
暑い。ウチのキッチンは本当に暑い…。夏に本気のカレーなんて作ろうものなら、水着着用もしくは裸族にでもなって挑まなければならないほどだ。


a0088238_2323680.jpg出来た~♥
出来立てアッツアツのまま味見してみた。
や…やヤ…ヤヤヤ…YAVAISSIMA!!!!!
美味しくて美味しくて、食パン(焼いてないやつ)やらアイスやらにかけて食べて、さらにキャラメルマキアート(もどき)を作って飲んだり…キャラメル祭り。だいぶ楽しんじゃいましたわ。砂糖と生クリームの塊以外のナニモノでもないコイツをね。悪魔の食べ物…

3週間くらいは保存が利くというので瓶に詰めて名残りを惜しみつつ冷蔵庫へ。
次は何に使おうかな~♪
キャラメル&ナッツのパウンドケーキとか?ウヒャ!じゅる!!
…なんか今日はいやにテンション高いな(ーー;)

a0088238_2336249.jpg天災(あれ?)シェフは休日のブランチにこんなものを作ってみました。
ベランダで栽培中のスイートマジョラムを使った鶏肉のソテーでごじゃいます♪シンプルにオリーブオイル・塩・胡椒と白ワインで調理。スローフード気分満喫なのだす。(ただのヒマ人だというウワサも…)
以前実家から誰も飲まないというので失敬してきた“おたるワイン(セイベル9110:白:2000年)”がもう長いこと常温で放置されまくっていたので料理用にしてしまおうと、これを作る時に開封したんだけど…味見したらなかなかどうして、まだ全然イケる。辛口と書いてあったけれど、そうでもないかな。ちゃっかりグラスに入れて冷蔵庫で冷やし、「うまい♪」なんて言いつつ鶏肉を焼きながらチビチビ飲んで、だいぶ良い気分。
昼間からワイン飲んで、のんびりブランチ。贅沢♥

まぁでも良い気分になりすぎたのか、お風呂掃除をしていたらバスタブの中に落ちそうになった。なんとか半落ち状態で堪えたけれど、ヒジとスネを強打。
青アザが出来た…orz
[PR]
by kahvi | 2007-06-26 23:48 | 美味しいものの話

再現?

以前トルコ料理店で食べたレンズ豆のスープが独特の味で美味しかったなぁ…なんて思いながら、残っていたレンズ豆を眺めていた。
ムクムクと出てくる実験心。
あれを食べたのが約3ヶ月前。衰退の一途を辿る脳ミソから若干薄れ気味の記憶を引っ張り出し、思い出しながら真似して作ってみた。

■ レンズ豆
■ 玉ネギ(みじん切り)
■ ベイリーフ
■ オレガノ・セージ・タイム
■ イタリアンパセリ(みじん切り)
■ ブイヨン
■ オリーブオイル
■ 水
■ 塩

いつものコトだけど分量に関するツッコミは禁止♥

オリーブオイルで玉ネギとベイリーフを炒める

火が通ったら水を入れて煮立たせる&ブイヨンを入れる
(味が物足りなければコンソメを足してもOK)

レンズ豆を加える

オレガノ他(微量)を加えて煮込む

塩で調味

食べる直前にイタリアンパセリを散らす

a0088238_11331915.jpgお店ではさらにひよこ豆を入れていたけれど、きらしていたのでジャガイモを小さめにカットして入れてみた。
うん、うまい。(自画自賛) 豆サイコー。
案外、近い味に出来たかもだけど、もうチョット香辛料の味が強かったなぁ…といろいろハーブを思い浮かべてみる。「何を使ってるんですか?」と今すぐにでも店に行って訊いてみたい気分だ。気になる。

ところで昨日はセレブの街(笑)・円山で美味しいイタリアンを食べてきた。
しかも贅沢にコースで♪

最初は友人が行きつけにしているという店へ行く予定だったけれど、日曜の夜は早く閉まってしまうために時間が間に合わず、お互い初めて行くお店へ行ってみようということになった。いろいろ探して見つけたのが、今まで名前とウワサは聞いたことがあったけれど、近くを通るのも初めてというお店。

ここがまたすごく美味しかった!
最近ムダに舌が肥えてしまっている私だけど、本当に美味しかった。
どの料理も野菜がタップリ。付けあわせにもいろいろ野菜が盛られていて、野菜好きには嬉しいったらない。しかも野菜自体も美味しいし、茹で方が絶妙ときた。
たしか“季節のコース”と名のいうコースで、パスタ以外は黒板メニューに載っていた料理のようだったので、時季やその日で変わるものなんだろうね。“季節の…”だし。
そしてすごいボリュームだった。

まず何が驚くって…

前菜が冷・温・野菜と、1皿ずつ3種類出てくる。
ちなみに昨日のメニューは
【冷】釣りアジとリコッタチーズで和えた野菜
【温】穴子のフリット
【野菜】ズワイガニのシーザーサラダ
これらがそれぞれ結構な量で出てくる。前菜だけでかるく満たされるイキオイ。

自家製パン、パスタ(レギュラーメニューの中から選べる)と出て…メインがお魚とお肉、両方とも出てくる。これは自分史上、初めてのシステムでございますぜ。
で、さらにドルチェ、最後にコーヒー。

かなりお腹一杯だったけれど、基本的に料理を残すというのがイヤなので根性で完食。でもドルチェのメインがココナッツのパンナコッタだったので、その時はモチロン満腹を忘れてウキウキで食べた。

お店もオシャレで雰囲気が良かったし、接客(これも私の基準はかなりキビシイ)もスマートでステキだったので、お気に入りになりそうだ。
ただ…お高めのお店なのであまり行けないでしょうけれどもさ。

円山あんちょび
[PR]
by kahvi | 2007-06-25 12:01 | 美味しいものの話

物欲。

先日、会社の後輩とランチ&スイーツをやっつけに行ってきた。
平日ランチってお得でダイスキだ♪

タージマハールというベタな名前のインドカレーのレストランで、一人966円で食べ放題という平日(水・金)限定カレーバイキングをやっつけ、スイーツを食べる為の腹ごなしにウインドウショッピング。

雑貨店や輸入食品のお店…つまり私にとっては罠だらけの危険地帯をフラフラと徘徊。
案の定、罠にはまって予定外のお買い物。

a0088238_22154964.jpg輸入食品のお店ではインスタントのミゴレン(お気に入り)と、マンゴーの飴(マンゴー果汁なんて入っちゃいないのにリアルなマンゴー味がするという恐ろしいキャンディ)、それからイタリア産のレンズ豆(明日は豆ゴハンだー!)を購入。
雑貨店では、ずっと欲しいと思って探していたベネトンのエコバッグ(500円也)と、ここには写ってないけど陶器のスープスプーン(大きさと形に一目ぼれ)を購入。
本能のままに(?)買い物してきた結果、こんな無計画さ丸出しの組み合わせになった。

それにしても雑貨と輸入食品のお店ってなんであんなに楽しいんだろう。
雑貨店に住んでしまいたい。
いや、それはウソだ。

ちなみに同じ日の夜は、転職して東京へ行くことになった友人の送別会(という名目の飲み会)にて火鍋の食べ放題をやっつけた。
2連続“食べ放題”。
しかもその間にはスイーツ。

夏は薄着の季節デスネ。
ええ、存じておりますとも。
充分、承知致しております。

でも美味しかったなぁ。インドカレーとタルトと火鍋。
[PR]
by kahvi | 2007-06-23 22:35 | どうでもいい話

BGM。

最近はずっとクラッシック寄りの音楽ばかり聴いていたなぁ…。
それもクロスオーバーものばかり。
途中でチョッピリ太陽の貴公子(David Bisbal)が割り込んできたけど(笑)

BON JOVI のニューアルバムも散々リピートして聴いたし…

で、懐かしめのCDを棚から引っ張り出してきてみたり。

a0088238_140506.jpgここ2、3日まったくジャンルの違う2枚のアルバムを交替で聴いております。
1枚は Delerium
以前、私のダイスキなDJ(テクノ系)がアレンジしていたことで知ったアーティストなんだけど…ジャンルはなんだろう?何になるんだろうか?
昔はエニグマと比較されたりしてたらしいけど。ややゴシックの入ったテクノ?ハウス?コラージュサウンド?そもそも分野とかそういうのに詳しくないからわからないや(汗)
もう1枚は The Bacon Brothers
知る人ぞ知る…って感じなのかな。
日本じゃきっとあまり知られていないよねぇ。Kevin Bacon がCDを出してるなんて。それも実のお兄さんと組んでロックのアルバムを何枚もリリースしているなんて。
案外イイ声してらっしゃるんだこれが♥
話す声も好きだけど、歌う声も良い♪
曲はBryan AdamsCorey Hart あたりが好きな人なら好みっぽい。

あ~ロックもえぇなぁ。夏だし。(最近、何かにつけて夏を理由にしようとする)
ラテンもね。夏だし。

いつも部屋でCDがかかっているせいでテレビを観ない生活が続く。
ネットでニュースをチェックしていても、あっという間に世間からとり残される。
これはもはや世捨て人レベル。
仙人か?!くらい世情に疎くなる。

音楽がないと生きてゆけぬのじゃーーーーーーー!!!
なんて言い訳をしようとしてみたり。
[PR]
by kahvi | 2007-06-21 22:40 | 好きなコトの話

うまけりゃいーんだ。

順調に成長を続ける、ベランダの住人(ハーブ)。
今日はついにロケット(ルッコラ)を摘んでみた。

まぁ次から次へと新しい葉が伸びておりましたわ。サスガ雑草おそるべし。

ロケットを食べるなら、やっぱりシンプルにオリーブオイルで食べたい♪
Ex.バージンのオリーブオイルで和えて、塩と胡椒をふって、赤ワインビネガーを少々…えーと…赤ワインビネガーを…あれ?ないなぁ。
じゃあ白ワインビネガーにすっか。白ワインビネガー、白ワインビネガー…っと。


白ワインビネガーもなかった…orz

まぁ要は酢の“酸味”が欲しいだけなわけで。

米酢投入。
いーんだよ、結果的にうまけりゃ。なんだって。

a0088238_20244093.jpgカットしたトマトと一緒にチョット気取って盛り付けてみちゃったりなんかして。
まぁなんてイタリアン♪(米酢だけどな)
まぁなんて涼しげ♪(今日は肌寒いけどな)
それにしても摘んできてから約3分。この新鮮さがたまりませぬ。格別な美味しさって感じ。
サイコ~(´▽`)♥

a0088238_20505938.jpgなんちゃってイタリアンなサラダと、お気に入りのパン屋さんで買ってきたカボチャのベーグルにクリームチーズを塗ったくって食べる西洋かぶれチックなワタクシ。
しまった、飾りでついてたカボチャの種をむしり取って食べちゃう前に写メしておけばよかったずら!ただの喰い散らかし写真になっちまった。

こんな私だけど、やっぱりお米に最上級の愛を注いじゃうっす。
細胞が米を求めてやまないっすから。
これはもう遺伝子レベルの恋っす。(意味不明)

さ、米でも炊くか。
[PR]
by kahvi | 2007-06-18 20:58 | 美味しいものの話

判定は?

割れてどうしようもない状態になっていた爪がいよいよヤバかったので、観念してネイルサロンで爪のお直しをしてきた。

爪が割れた翌日、ネイリストさんに泣きつくようにしてお店に行き予約を入れてきたんだけど、その時に「応急処置だけどね」と割れた箇所を接着剤のような補修液でくっつけてくれた。
グラグラしていた爪が固まり「快適♪」と思って過ごしていたのに、帰宅して布団を干して豪快にバシバシと叩いていたら…はい、もうご想像通りの結末で。
せっかくつけてくれた場所が再度パッキリ…orz

布団を叩いて爪を折るオンナ…世の中にそういるもんじゃございませんぜ。

気合いでなんとか折れた爪がもげるコトなく過ごし、お直しへ。
でも実はその前日、また別の爪を折ってしまい流血沙汰に。
いったい何本折れば気が済むんだ?!
これは呪いか?!なんの呪いだ?!

雪山(スノボ)へ行くシーズンも終わり、「これでしばらく折る心配はないんじゃない?」なんてネイリストさんと言っていたのに。結局3本もスカルプで分厚~~く補強&長さ出しをするハメに。(折れていない爪は自爪にジェル補強のみ)

直してもらっている間、何色のラメをのせるか色見本を見てさんざん悩むのが恒例なんだけど、イロイロ考える割にいつもピンク系に落ち着いてしまうので今回は絶対に違う色にしようと決意。
してみたい色(ラメ)はいっぱいあるけれど…ホテルマンとして許されないだろうなぁ…というジレンマに悩むことになる。グリーンのラメとかのせてみたいよ~~(泣)

でも、チョッピリ冒険(?)しちゃいましたぞ。

淡いオレンジのラメに心が決まりかけていたところで、その横のゴールドに一目惚れ。粒子が細かくてキラッキラのゴールド。夏だねぇ。(でもホテルマンとしては?!)
「やってみる?」
「やってみちゃう?」
とネイリストさんとまるでイタズラの相談みたいにして、そのゴールドをのせてみた。めっちゃカワイイ♥ (でもホテルマンとしては?!)
しかも花つけちゃった!!(≧▽≦)
ネイリストさんがつけていた押し花のアートが気になって気になって、1個だけつけてもらってみた。(しかもネイリストさんの私物) でも実は目立たないように…と最初は控えめに小振りな白い花を選んでのせてもらっていた。
…が、何故か一日ともたず退色!!
昨日の午後につけてもらって、今日の夕方近くには白い花がほぼ透明になって☆形の額の部分しか色がのこっていない状態に!これぞインビジブル!!ヒィッ((((゜д゜;)))) 花弁の部分はほぼ見えなくなり、まるで緑色のヒトデみたいになってしまった。

行っているネイルサロンが会社のすぐ近くなので、今日の仕事帰りにまた店へ寄ってみたら、「また折ったの?!」という驚愕の表情で出迎えてくれた(^^;) 「昨日直したばかりなのにもう折れたのかと思ってビックリした~」と驚かれた後に、退色したヒトデ花を見て「こんなの初めて見た!」とさらに驚かれた。
「生花を使っているからありえるといえばありえるけど…」とひたすら眺めるネイリストさん達。ラッキーなことに丁度お客さんが途切れていたので、その場でスグ直してくれることに。
で、どうしようか?と検討した結果、白い花はもうヤメようということに。
でも花は諦めきれない。だってすごくカワイイ。夏だし。(←?)

黄色と、昨日もずっと「一番カワイイ」と言っていたオレンジ、どっちかがいいんじゃないか?となり…でも黄色はともかくオレンジは目立つ。かなり目立つ。たとえその中で一番小さな、色の薄いものを選んでもらったとしても目立つ。

けど、オレンジの誘惑に勝てず。

a0088238_21592193.jpgつけちゃった♥
いいんだろうか、こんな派手な爪のホテルマン…(確実にアウトだろこれは)
ウチの職場ってユルイなぁ( ̄▽ ̄;)

ネイリストさんと「もし見つかって怒られそうだったら、『あれ?やだ、いつの間に花が?』とか『なんか花がとんできて、くっついちゃったんですよね』とか言うことにしよう」と言い訳(??)のイメトレをした(笑) 「最終的には絆創膏で隠そう」とか。

自由な爪でシゴトが出来たらいいのにな~~(=з=)
手入れに気を使ってるってコトで大目にみてちょーだいよ。

[PR]
by kahvi | 2007-06-17 22:10 | 美容・健康の話

成長中。

コワイくらい元気にハーブが育っております。
わっさわっさと繁っております。
コワイです。

だって最初に植えてから何もしてないのに。
小さめだったローズマリーは順調に伸びているし、
ミントもやたらイキイキしているし、
ロケットも次々と新芽が出ているし、
イタリアンパセリもバジルもどんどん大きくなる。
若干ヘタレ気味だったスイートマジョラムも元気な様子。

特にレモンバームが元気だ。ヤツは一際。
これでもかってくらいに存在を主張している。
先日葉を摘んだばかりの場所にも既に新芽が出始めている。

なんなんだ?!
そのうち、ハーブたちに乗っ取られるんじゃなかろうか?(何を?)

「状況を報告しろ!そっちの様子はどうだ?!」
「ダメです!ここもやられてます!!」
「こちらもダメです!ハーブ軍によって壊滅状態です」

「どうやら主犯格はレモンバームのようです」
「アイツか…」
「手強いですね。アイツはレモンの香りがしますからね」
「バジル、ロケットあたりがヤツの両腕として動いているようです」
「あとはパセリ、ミントらが中核を担っているものと思われます」

「まさかあの気の弱いスイートマジョラムまでもがな…」
「大佐がいつも気にかけていた子ですね。心中、お察しします」

「最近やけに大人しくしている豆星人の動きも気になりますね」
「我々の隙を狙っているのでしょう」
「うむ」

「報告します!ベランダB地区もハーブ軍によって占領…」
「よもや我々人類の敗北は避けられんか…」

なんてな。

今日はオレンジジュースと、バリ土産のジャワでセパレートティーをいただきました♥ でもあんまりキレイにわかれてくれなかったので後日リベンジ。
今日はお茶のお供が何もなくて悲しい…(;_;)

関係ないけど、食パンを焼かずに生(?)で食べるのが好きな私ってオカシイの?!
[PR]
by kahvi | 2007-06-15 14:30 | その他諸々

収穫。

先日、我が家のベランダに仲間入りした新入りたち(ハーブ)。
大きめに育っていた苗を選んで買ってきたので既に「摘んでください」といわんばかり。

残念ながらロケットはサラダ1回で丸刈り状態になってしまいそうなので、もう少し待つことにして、早速なにか使ってみようと考えた。

a0088238_13371683.jpgで、お手軽にレモンバームでアイスティー♪
レモンバームは乾燥させると香りが弱まるらしいので、生の葉を茶葉と一緒にポットへ入れて蒸し、さらに飾りとして浮かべて…あら優雅♥ なんだかカフェ気分。茶葉はお気に入りの一つ、ヌワラエリヤ。すっきりサッパリの茶葉とレモンの香りが良い感じでございました。

一緒に写っている本(漫画)は会社の後輩から「面白いから読んでください」と強制的に貸し出されてきたもの。貸してくれた持ち主本人が「登山にはまったく興味ないんですが、すごい面白いんですよ!山に登りたくなりますよ」と力説する、【イカロスの山】という登山家が主人公のスポーツマンガ。
…山に登りたくはならなかったが、たしかに面白い。登山といってもハイキングなどの類ではなくて、岩や氷の壁も登っちゃう本格的(といえばいいのか?)なもの。ヒマラヤで新たに発見された8000㍍級の未踏峰の「幻の山」の登頂を目指すという設定のストーリーだ。

時々「韓流か?!」と突っ込みたくなるような展開があったり、若干古臭さも漂う。(絵柄とかが特に…) そしてこれがまぁ、よう人が死ぬ。そりゃあ山で遭難や滑落事故ってのは実際よくあるんだろうし、それだけ過酷なんだろうけども。あまりにもよく人が死ぬので「どうせコイツも死ぬんだろうな~。カワイソウに」とか考えながら見てしまう。

あ、いや、面白いよ。面白いです。面白いんです。

今7巻まで出ているらしんだけど、後輩がまずは3巻までを持ってきてくれた。

いいところで終わるわけ。
「それでどうなった?!」とすご~~~く気になるところで終わってるわけ。
どうせまた誰か死ぬんだろうけどね(笑)

早く続きを貸してくれぇーーー!!!
[PR]
by kahvi | 2007-06-13 23:59 | 好きなコトの話