好きなモノにはまっしぐらな妄想族の独り言。以前使っていたブログIDをうっかり削除してしまった為、2代目。(そちらにコメント下さっていた方々ゴメンナサイ)
by kahvi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
その日の出来事
好きなコトの話
美味しいものの話
語学の話
美容・健康の話
妊娠・出産の話
お弁当の話。
どうでもいい話
お仕事の話
その他諸々
未分類
タグ
(86)
(61)
(47)
(47)
(45)
(41)
(40)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
以前の記事
2011年 03月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
more...
検索
最新のトラックバック
本日のデート 〜〜 レス..
from ぽれぽれ2号館
ご案内 3
from 空色のきもち
ご案内 3
from 空色のきもち
たまには野球ネタでも・・..
from ぽれぽれ2号館
LINK
フォロー中のブログ
Tamas blog
Kippis!
ダメニンゲンのヒトリゴト
魚屋三代目日記
Kippis! from...
ぽれぽれ弁当館
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:どうでもいい話( 70 )

収集癖。

どうしてか自分でもわからないけど、ストックするのがダイスキ。
“買い置き”とか“冷凍保存”とかね。

ごはんもいつも冷凍。炊飯器を持ってないせいもあるけど、一人暮らしだと保温する必要がないから鍋で一気に炊いて全部冷凍する。そして冷凍ごはんが積まれた冷凍室を見て満足げにニヤリ。
鍋で炊いた方が美味しいしね♥(量も適当でいいし♪)

でも調味料の収集癖には自分でもチョット困っている。
特に需要の低いものたち。ナンプラーとかバルサミコ酢とか…イロイロ。なきゃないで困る時が(たまに)あるものだから、登場機会は少ないくせに我が物顔でスペースを占領する。

a0088238_21395191.jpg自分でも『ビョーキか?』と思うほどに集めているのがスパイス類。これは呆れるほどある。写真に写ってる物は特に使用頻度の高いものたちで、他にもまだある。
一体何があるのか自分でも再確認してみようと思ってみたり。
a0088238_21415277.jpgこれは主にカレー作りに活躍する“チーム・カレー(そのまんま)”。
ターメリック、コリアンダー、クローブ、カルダモン、クミン。…の他に市販のカレー粉、顆粒状のカレールゥまである。どんだけカレー好きよ?!
a0088238_21493374.jpgこれは“チーム・イタリア”。
イタリアンハーブミックス、オレガノ、バジル、パセリ。パセリが何故“チーム・イタリア”なのかは突っ込まないで。なんとなく緑のラベルを並べてみただけなので。
a0088238_21515280.jpg“チーム・イロイロ”。
ローズマリー、パプリカ、ナツメグ、シナモン。
その他に定番の塩、胡椒(白・黒)、砂糖、ブイヨン、コンソメ、ローレル、松の実、鷹の爪、一味…etc 挙げるとキリがなくなりそうだ。
a0088238_2157224.jpgその中で、私が勝手に運命の出会いと思ったスパイスがこれ。レモンペッパー。
北海道・帯広市にある、その名も“スパイス屋”という所が作っていて、今では道内の大手スーパーなら大抵売っている。鶏・豚肉や、白身の魚などにふりかけて焼くだけでスゴク美味しい逸品なのでございます。これナシでは生きていけない。(嘘)

随分あるなぁ…本当にこれら全部使ってんの?と疑いたくなるけど、未開封のものはないようだ。確かに使ってるんだよな。でも賞味期限内に使いきれるのかと言われると…(ーー;)
フツウに使ってるよ、賞味期限切れのスパイス♥ (そういうことじゃないし、それもどうなのよ?)

これだけ揃ってるところを見ると満足感でいっぱい。
アホだな。うん、アホだ。
[PR]
by kahvi | 2006-10-19 21:29 | どうでもいい話

むし。

春~夏の間はずっとベランダに出してある(というより放置されてる)観葉植物に水をあげようと網戸を開けた。今日はいい天気だったので窓は開けてあったんだけど、その時には気づかなかった存在がベランダにいた。

…いもむし。

思わず水をかけちゃった。(鬼)
そしたら同じのが2匹もいたことがわかって、さらに恐怖。

鉢植えはスグ手の届く所に1つあるだけなので、ベランダには出ずに手を伸ばしてビクビクしながら鉢植えに水をやり、さっさと網戸を閉めた。

朝晩がけっこう冷えるようになってきたから、そろそろ鉢植えを家の中にいれようかとも思ってたけど…もう少し置いておこう。(木にも虫がついてそうでやだな…)

いつからベランダにいたんだろう?
いつまでベランダにいるんだろう?

勘弁してヨー
早くいなくなってヨー
虫はイヤだヨー(((><;)))
[PR]
by kahvi | 2006-10-03 13:44 | どうでもいい話

長電話。

あ~ヒマだなぁ。(只今勤務中)
いつもならこの時期の土曜日の夜はもうチョット忙しいんだけど…ああヒマだ。なにしよう?(仕事しなさいよ)

昨夜、親友Aと久しぶりに長電話をした。
昔からAとの電話は、『なにをそんなに話すことがあるの?』と母親や他の友人たちに呆れられるほど、長い。遠方に住んでいて会えないというわけでもない。
なんでだろう?これといって濃い内容の話はしてないと思うけど、気がつくと軽~く一時間越え。過去の最長記録はたしか4時間近く?だった気がする。電話で話しながらトイレに行くのはアイツだけだ。(笑)

昨夜は話をしている途中で携帯の充電がなくなりかけたので、充電のコンセントを繋いで話していたのに電池切れになるという事態が起きた。こんなこと初めてだよ(゜д゜;) その時点で1時間半近く話している。…が、家の電話から掛け直して、さらに30分以上。
いったい何を話してたらそうなる?!とたまに自分でも思う時がある。

そういえば昨夜は『セレブ妻になりたい』という妄想話をした。(笑)
昔はよく二人してF1ドライバーと結婚してモナコに住むという妄想をしてたっけ。(成長してない) でも私と違って妄想癖の症状が軽めの彼女。膨らむ私の妄想に追随しつつも途中で『ストップ』をかけられた。

↓その時の妄想
芸能リポーター(?):『その左手の指輪は婚約指輪ですか?!』
私:『あの、すみません、通して下さい』
リポーター:『ご結婚はいつですか?!』
私:『私からは何も…A:『はい、ストップ!ストーーーップ!!それ以上はやめときなさい。さすがについていけないわ』
私:『は~い(ここからが面白いのに…)』
左手に光る指輪はブルガリってとこまで決まってたんだけどな。(笑)
ちなみに、芸能リポーターに囲まれてる自分という場面からイキナリ始まっている。相手はとりあえずセレブなんだろうね。“セレブ妻”だから。
20年のつきあいの親友さえも呆れさせる妄想癖。

長電話の主な内容はこんなのだ。
IP電話というものが無かったら電話代で生活苦だな。

それにしてもヒマだ…。
[PR]
by kahvi | 2006-09-24 01:58 | どうでもいい話

辞書。

いま私の手元には≪新修 広辞典 第3版(第26刷)≫という昭和54年8月30日発行の集英社の和英併用辞書がある。
もうだいぶ黄色…というより茶色く変色している古~い辞書。たぶんオカンが使っていた辞書なんじゃないかと思うんだけど、なぜか昔からこの古臭い辞書を愛用している。

今じゃオカンの方が新しくて立派な辞書を持っている。(世の中って不条理だよね)

収録されてる言葉もいい加減古いものがあるから、新しいものが欲しいと思うこともあるんだけど…なんだか愛着があって手離せない。

辞書がダイスキなワタクシ。

かといって愛読してたりするわけではないけど、たまに『ほぇ~』とか『ホント?!』とかイロイロな発見があるのが楽しい。

この間たまたま目に入った単語。

【ラムネ】 レモネード(lemonade)のなまり。炭酸ガスを溶かしこんだ水に砂糖・くえん酸・香料などを加えてびん詰めにした清涼飲料。

【カラー テレビ】 カラー テレビジョン(color television)の略。三原色に分解して送られた信号を天然色に再生するテレビ。

【レザー (razor)】 西洋カミソリ。「― カット」

時代を感じる…(笑)
こんな単語が目白押しなわけです。これは手離せるわけがありません。時々、自分が何を調べていたのか忘れさせてくれる愛しいヤツなのです。

a0088238_21453010.jpg最後のページにオカンの仕業と思われる落書き(?)を発見した。
[PR]
by kahvi | 2006-08-29 00:27 | どうでもいい話

自慢?

少し前に知ったんだけど、最近出た飲料水のCMにイアン・ソープが起用されてるものがあるんだね。なんだか久し振りに見たような気がするよ。一番騒がれていたシドニーオリンピックの頃を過ぎてからは話題をあまり聞かなかったような…。(あまりTVを観ない私のことだから世間一般はそうじゃないかもしれないけど)

それにしても懐かしいなぁ。シドニーオリンピック当時、彼はシドニーのスターだったっけ。(水泳人気の高い国なだけに国民的スターでもあった) ミーハーな私は、もちろんファンでございました。オーストラリアにウエストパックという銀行があって、そこが代表的な水泳選手3人のスポンサーをしていた。銀行の外壁にかけられていた3人それぞれの垂れ幕がすごいかっこよくて、よく口を開けて眺めていた。

シドニーに住んでいた時のバイト先の仕事の一つで毎日のように銀行へ釣銭の両替に行っていたんだけど、いつもはコモンウェルスという銀行で両替していたのが、たまたま不足している硬貨があるとかで(なんたってオージーですから)両替できずウエストパックへ行った事があった。
普段個人で利用する銀行も違う所だったので、ウエストパックに入ったのはこの時が初めてだった。中に入ると、窓口に例の垂れ幕と同じ写真のポストカードが飾られているではありませんかっ!窓口のオバチャンが両替金を用意してくれている間、目線はポストカードに釘付け。勇気を出してオバチャンにそのポストカードをもらえないだろうかと訊いてみる。
オバチャン:「彼が好きなの?」
私:「そうなの!」

即答だった。
するとオバチャンはニッコリとして「持っていっていいよ」と言ってくれた。満面の笑みでありがとうと言ってウキウキとバイト先へ戻った。たしか今でも持ってるハズだなー。

でも、もっとスゴイのがあるんだ!
直筆サインと、一緒に写った生写真!!これはスゴイ!(自分で言うな)
オリンピックが終わった後、彼の写真集のような本が出版された記念のサイン会が行われたコトがあった。その会場になった場所の中で働いていた友人から情報を聞いて、のこのこと行ってみた。もちろんその本を買わないと参加できないので買ったわさ。
並んでいる時にスタッフのヒトが一人一人名前を聞いてまわっていた。『?』と思いながら名前を伝えると、付箋紙に名前を書いたものを手渡された。もしかして名前入りでサインを入れてくれるとか?と期待していると、その通り!これはウレシイv
しかも丁寧に記念写真(?)も撮らせてくれた。彼は好青年だったよー。すごく礼儀正しい!関係ないけど肩幅がすごい広かった!背が高いのも知ってたし、手がでかいのも有名だったけど、実際に見ると本当に驚く。でけぇよ!!

ミーハー丸出しの行動ではあったけど、今でもいい記念の一品になっている。
そういえばオリンピック開催中に、オーストラリアの選手がメダルを取る度に郵便局が記念切手を発行するなんていうアツイ事をやっていた。しかも24時間以内に売りに出されるというからすごい。ユルさで有名なオージーなのに。
え?もちろんありますヨ。買いましたよ、水泳チーム(とイアン・ソープ個人)の記念切手。あれってなにかお宝の価値があったりしないのかなぁ?
[PR]
by kahvi | 2006-08-12 14:09 | どうでもいい話

ばかうけ。

ネットを徘徊しているうちに、レシピ診断というものを見つけた。
名前を入力すると、その人物のレシピ(!)を診断してくれるという予想外の占い(??)だ。これを考えついたヒトは何をキッカケに思いついたのだろう…。

さっそく試してみた。ワタシの作り方。

1.みたらし団子 49 kgと銃 1 kgに親切という名の調味料と困難という名のスパイスを加えます。
 
2.これらを良く混ぜ合わせます。
 
3.次に11分間焼き上げます。
 
4.最後に隠し味として支配を少々振りかけて、ぐちゃぐちゃに盛り付ければでき上がり!!

備考

手に入る所:ファミリーレストラン(秋限定)

お値段 (一人前):7844万円


アハハハハハハ!!!! バ…バカバカしい…!
なんじゃこれ!なんだこの妙にツボにはまる診断結果は?!みたらし団子と銃で出来てるのかよっ?!親切はともかく困難という名のスパイスって!自分の本名でやったからだろうか…ダメだ、やけにツボを刺激する!興味の沸いたヒトはやってみるべし!

ココで診断できるヨ
[PR]
by kahvi | 2006-05-11 14:44 | どうでもいい話

名探偵。

名探偵コナンさん、現場にいすぎですよ! | Excite エキサイト

この記事を読んで思わず笑っちゃった。わかってはいたけど、あらためて突っ込まれたら妙に面白かった。
最近は買うのをやめちゃったけど、たしか45巻あたりまでは頑張って単行本を買ってたはず。
そういえば私の甥っ子がこの本を好きなんだよねー。
いや、中身じゃなくて。まだ読んで理解できるような年齢じゃない。

何故か甥っ子は私の部屋に来て本棚の前に座った時、たくさんある本の中から必ずコナンを選んで引っ張り出し、表紙のカバーをはずす。また引っ張り出して、はずす。
これを繰り返す。

『ちゃんと片付けて』というと、カバーには目もくれず中身だけを戻してくれる。もちろん、並び順はバラバラだ。結局は自分が後片付けをする。

なんでいつもコナンだけを選ぶんだろう?

そしてコナンはいつ高校生に戻れるんだろう?
[PR]
by kahvi | 2006-05-06 23:50 | どうでもいい話

ノーコメント。

友人(26才♂)が落書きしていた、謎の生き物。

a0088238_1464243.jpg
『ちょっと失敗した』

これを“ちょっと失敗”で片付ける気か。
キミ、油絵で賞もらったりしてるよね。

『リラックマ好きなんだよね』

…もしかしてこれクマ?
ていうか
『リラックマ好きなんだよね』と言ったのか?

ツッコミどころが多すぎて
その気すら失せた。
[PR]
by kahvi | 2006-03-06 19:28 | どうでもいい話

レーズン。

スーパーでレーズンを1袋買った。人生で初めて、レーズンを自分で買った。なんでかわからないけど、買った。自分にそうさせる何かがあるんだろうか?

自分の記憶の中にある“レーズン”を検索してみる。
ヒットしたのは、ラムレーズンのアイスクリームが大好きな友達がいるコトとか、六花亭のバターサンドが好物だとか、昔まだ小さかった頃に母親がたまに気まぐれで作ってくれた蒸しパン(大人になった今は知っている。あれは母親自身が食べたい時にしか作られなかったコトを。)に時々レーズン入りバージョンがあったなーというコトくらい。

レーズン1袋を買わせるに至るには、弱い。
そんなだから当然、どうやって食べるのかということすら思いつかない。

袋の裏面を見てみる。
●カリフォルニアの太陽と大自然に育まれた甘くまろやかなレーズンは、ポリフェノール、食物繊維を含んだドライフルーツです。
●そのままお召し上がりになるほか、アイスやヨーグルト、シリアルのトッピングとしても、おいしくお召し上がりいただけます。
●お料理やお菓子作りにも最適です。

そうか。ヨーグルトか。それはいい。お菓子なんてきっと作らないしな。
冷蔵庫にプレーンヨーグルトを欠かさない自分には朗報(?)だ。

さっそく試してみる。
…なんだか微妙。いや、おいしい。おいしいんだけども。口に入れると、最初にヨーグルトの味。そのあとレーズンだけが残って、レーズンの味。別々に食べるのと同じじゃないの?コレ。

残りをどうやって消費しよう?
[PR]
by kahvi | 2006-01-19 01:44 | どうでもいい話

歴史と私。

私というヤツは、歴史というものに対してまったくもって興味がない。日本史も世界史も。だから歴史の知識なんてものは微塵も備わっちゃいない。地理は大好きなんだけどね。

自分の母方のご先祖様が有名な人物らしく、NHKの≪その時歴史が動いた≫で取り上げられたコトがあるそうだ。中学の歴史の先生は『ウソいうなって』と信じてくれなかった。しかし名前は知れども、いつの時代に生きたのか、そして何をして名を残したのかがわからない(知らない)という薄情な子孫だったりする。まぁ、直系の本家育ちではないから縁が遠いっていうのもあるけど。(言い訳)
本家には甲冑やら、歴史考察書みたいのもあるみたい。たしか鎌倉幕府の滅亡期と聞いたような気が…でもその鎌倉幕府も詳しくわかんないから、やっぱり触れないでおこう。

ある日、親友Aの家で暇つぶしに“バカボンド”を読んでいた時のこと。

私:「実際にこんなヒト(宮本武蔵)がいたらヤダなー」
A:「まあこれはマンガだし。でも歴史自体も誇張されて伝わってはいるだろうねー」
私:「……は?宮本武蔵って実在したの?!」
A:「…本気で言ってんの?」
私:「(これはきっと怒られるな…)エヘ」
A:「ちょっとココにきて正座しなさい!! …試しに聞くけど、水戸黄門のヒトが実際の人物をモデルにしてるのは知ってる?」
私:「うん、知ってる」
A:「(それは知ってるんだ…)じゃあ風車の弥七が架空の人物なのはわかってる?」
私:「それくらいわかるよ!(なんで全て水戸黄門で試すんだ?)それよりさー宮本武蔵が実在したんだったら、佐々木小次郎も実際にいたヒトなの?本当に対戦したの?」
A:「アンタ…」

そのAが歴史好きだったりするから、本当に両極端な二人の会話。ものすごい呆れられた。私の≪いかに歴史を知らないか伝説≫は他にも数え切れないほどのエピソードがある(らしい)。
今回は(過去の伝説含め)あまりにもバカにされたので、歴史小説なんぞ読み始めてみた。普通の歴史書を読んでも続かないだろうからと、文学的に評価が高いらしい“三国志演義”を読んでみることに。(ほら、ゲームの三国無双だって三国志の話なんでしょ?)
“三国志”という言葉は聞いたことがあっても、それ以外はサッパリだ。中国の物語ってことくらいはわかってるけど、そもそも何時代の話なのかもわからない。(←聞いてもわからないしね) なんなら、いつものようにフィクションだと思っていたくらいだ。
諸葛亮孔明?ああ、聞いたことあるなーその名前。頭いいヒトなんでしょ?福沢諭吉みたいな感じ?(福沢諭吉のことだってよく知らないくせに) 関羽?項羽なら名前くらいは…あ、別の時代っすか。すいません。曹操?わかりません。後漢?晋?それもヒトの名前?

こんな状態で読み始めた私。
案の定あまり面白くない。しかも中国人の名前だから馴染みがなくて覚えづらいうえに、次から次へと登場人物が増える。『あら?これ誰だ??』ちょっと読んでは数ページ戻る。だんだんいらついてくる。でもせっかく買った本なので読んでみる。文庫で8冊もあるぞ。先は長い。

…が、5巻にさしかかる頃。なんだか突然、面白いと思って読み始めた。あれ?面白いじゃん、三国志。それが今年の春くらいの話。
近頃はその友人の家で『蒼天航路』という、到底レディ(笑)向けとは思えぬ漫画まで読み始めた。(たしか父親が読んでたことある気がするな)史実にはあまり沿ってないけれど、これがまた面白い。

そんなわけでチョッピリ古代中国の歴史(の、ほんの一部)を学んだ気分の私。
…が、やっぱりまだ自分の先祖のことは知らずにいたりする。
[PR]
by kahvi | 2005-12-16 14:38 | どうでもいい話