好きなモノにはまっしぐらな妄想族の独り言。以前使っていたブログIDをうっかり削除してしまった為、2代目。(そちらにコメント下さっていた方々ゴメンナサイ)
by kahvi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
その日の出来事
好きなコトの話
美味しいものの話
語学の話
美容・健康の話
妊娠・出産の話
お弁当の話。
どうでもいい話
お仕事の話
その他諸々
未分類
タグ
(86)
(61)
(47)
(47)
(45)
(41)
(40)
(22)
(22)
(17)
(16)
(16)
(15)
(14)
(14)
(14)
(14)
(13)
(12)
(11)
以前の記事
2011年 03月
2010年 04月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
more...
検索
最新のトラックバック
本日のデート 〜〜 レス..
from ぽれぽれ2号館
ご案内 3
from 空色のきもち
ご案内 3
from 空色のきもち
たまには野球ネタでも・・..
from ぽれぽれ2号館
LINK
フォロー中のブログ
Tamas blog
Kippis!
ダメニンゲンのヒトリゴト
魚屋三代目日記
Kippis! from...
ぽれぽれ弁当館
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ママの味。

“ママの味”と聞くと、ミ○キーよりも最初に浮かぶものがある。
英会話学校で働いていた当時、仲良しだったカナダ人講師のお母さんから教わったお菓子。

彼女がまだ日本で働いていた時にご両親が来日して、その時に職場の皆に差し入れてくれたのがママ手作りの≪Rice Krispie Squares≫。小さい頃によく作ってくれたオヤツの中でコレが一番のお気に入りだったという彼女が、お母さんにリクエストして作ってもらったものを持ってきてくれた。
要は“ Rice Krispie ”というお米のシリアル(商品名ゆえに crisp ではなく krisp )をマシュマロで固めただけのお手軽オヤツなんだけど、これがまた美味しくて。

a0088238_1449342.jpgどうやって作るのか聞いたら、『ママはもうカナダに帰ったから、メールでレシピを送ってもらうね』と後日、細かくメモして持ってきてくれた。
←これがそのレシピ。今も大事にとってある。
このレシピメモを持ってきてくれた時、彼女が日本で Rice Krispie が売られていないことを心配していた。チョコ版のRice Krispie はあるのにね。(チョコので作っても美味しいけど少しクドイ) 輸入食品を扱っている店にでも行って探してみるか~なんて思っていたけれど、さすがは米が主食の国・日本。我が国には“どん”ってものがありましたわ。その存在を思い出し、『同じだよな』と勝手に決め付けてスーパーで買った“どん”で作ってみたら大成功。彼女にも「ママのと変わらない」とお墨付きをいただいた。すっかりとハマって、しばらく作り続けてたっけなぁ…。

a0088238_14495355.jpg最近これを思い出して、バレンタイン配布用に作ってみた。ちっともチョコじゃないけど。そして義理のみだけど。
これ作るの久し振りだ~。マシュマロのいい匂いが部屋中に充満してくると、なんだか幸せな気分になる。どうしてかはわからないけど。
普通のコーンフレーク等のシリアルをマシュマロで固めても美味しい。(そういうお菓子なかったっけ?) でも“どん”をマシュマロで固めようなんていうヤツは私くらいか?(笑)

a0088238_14501026.jpg完全に冷えて固まったところで型から外して、食べやすい大きさに切れば≪Rice Krispie Squares≫の完成。材料のマシュマロをつまみ食いしたせいで微妙に量が足りず、チョット崩れやすくなっちゃったけど久し振りに作ったにしては上出来。(そもそも簡単なお菓子だしね)
切りながら崩れてしまった部分は自分で食べて…と。(笑)

バイト先には、勝手に“バレンタイン・イブ”と称して今日(13日)持って行った。店長には最後までおこし呼ばわりされたけど、皆「うまい」と言って結構な量を食べてくれた。店長が作り方を聞いてきたくらいだから、きっと成功だったんだよね?(ニヤリ)

“どん”がわからない方はコチラをご覧あれ。

そういえば昨夜ボード帰りに食事をした、店長の友人の店での話に続きがあって。(今日になってから聞かされたんだけど)
そのお店で食べた“ピレネー産ビゴール豚”(初めて食べた)がすごく美味しかった。出された時に「肩ロースとロース、2種類食べてみて」と2種類盛って出してくれて。通常は1種類しか出してないようだったので、私たちはそのサービスに感謝して食べたんだけど…実はそれだけじゃなかった。その料理の通常のお値段、2,000円。そして…ビゴール豚の仕入れ原価2,000円(!)。つまり、2種類それもたぶん多めの量を出してきてくれたというコトは…もし同じものを客に出すとしたならきっと一皿4000~5000円以上(予想)には確実になるわけで…(汗)
ひぃぃーーーーっ!!高けぇぇーーーーっ!!!!
なのにデザート(一口ずつ7種類くらい盛り合わせてくれた)や食後のコーヒーまでサービスしていただいちゃって…(大汗) あぁ…すいませんすいません。

カタラーナ katarana (簡単に言うとカスタードプリンを冷凍して固め、表面のカラメル部分をバーナーで焼いてカリカリに仕上げたもの:店長談)も初めて食べた。美味しかったなぁ~。イタリアでは定番のドルチェなんだとか。勉強不足ですまそ。空心菜とサンドライドトマト入りのペペロンチーノも最高でした。それにしてもイベリコといい、ビゴールといい…スペイン産の豚ちゃんは、何故にあんなに美味しいのか。

こんな分不相応の食生活をしていていいのだろうか…
あ、でも今日の賄いはナメコ(嫌い)の味噌汁とかだったよ~(笑)
[PR]
by kahvi | 2007-02-14 01:51 | 美味しいものの話